赤い月青い太陽

赤い月青い太陽(22話~24話)のあらすじ感想【支配されていたウノ】


韓国の演技派女優キムソナが主演!緊張感溢れるサスペンスドラマ。

ある謎の事故をきっかけに人生が狂ってしまった児童相談家の女性。
衝撃的な展開に目が離せないミステリードラマ!

「赤い月青い太陽」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「赤い月青い太陽」(22話~24話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

赤い月青い太陽の相関図・キャスト情報はこちら

赤い月青い太陽-あらすじ22話

赤い涙に接近するための重要なサイトのログインに成功する。
そのサイトには、児童虐待相談などの内容で審判の部屋というものを発見。

そこでは、ハヌル施設と関連した審判が3件も見つかる。
ジホンは、審判にメッセージを残し赤い涙と接近しようとウギョンに提案する。

案の定、赤い涙から1対1で連絡を取り合うことができる。
赤い涙をおびき寄せ追跡中に、襲われたジホンは…。

赤い月青い太陽-あらすじ23話

ウギョンは、ウノがホミンに殴られてる姿を目撃する。
ウノは誤魔化すが、ウギョンはホミンがいつも暴行をしているのではと疑い始める。

そんな中、ウノはユン部長を殺害した罪で逮捕されてしまう。
犯行を否認するが、重要な証拠の映像の入ったCCTVメモリーをウノが奪ったのだった。

ウギョンは、ウノの面会に行き真実を明かすように説得する。
ウノは、ジホンに真実を自白し始める。

 

赤い月青い太陽-あらすじ24話

ジホンは、ウノの行動が理解できない。
ウノは、幼い頃から施設でホミンに支配されていたことを告白する。

結局ホミンは逮捕され、ウノは釈放される。
ウノは、ウギョンに連絡をして感謝するのだった。

ホミンのパソコンからサイトを削除した記録が発見される。
ホミンが赤い涙なのか、彼の家の捜索に向かうジホンたちは…。

赤い月青い太陽-22話~24話の感想

両親の愛を受けて育った子と、こうやって施設で育った子供とは本当に違い過ぎる。。
子供には何の罪もなく平等に幸せになる権利を与えられたはずなのに!

弱い立場を利用するなんて最悪。
小さい時に焼き付いた感情は大人になっても変わらないのは本当にそうだよね。

大人になっても怖いものは怖いもん。
胸が締め付けられるくらい苦しくて悲しい内容だった…。

赤い月青い太陽-次回のあらすじ

赤い涙の正体がホミンだとは思えないウギョンとジホン。
そんな中、ウギョンは…

赤い月青い太陽のあらすじ(25話~27話)はこちら

赤い月青い太陽-全話一覧

赤い月青い太陽-あらすじ全話一覧はこちら