朱蒙(チュモン)

韓国ドラマ・朱蒙(チュモン)-あらすじと感想!最終回まで(25話~27話)


日本で大ヒットした「冬のソナタ」を超えた圧倒の作品!

最高視聴率52.67%を記録した国民的ドラマ!
スケール壮大の歴史エンターテイメント♪

「朱蒙(チュモン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「朱蒙(チュモン)」(25話~27話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

朱蒙(チュモン)の相関図・キャスト情報はこちら

★朱蒙(チュモン)-あらすじ25話

鉄騎軍と戦い、流民を助けるチュモン。

 

ヒョント城長官ヤンジョンは、テソに漢の鉄器製造の職人を貸すことを約束する。
そして、テソと娘ヤンソルランを会わせる。

 

そこに、鉄騎馬軍が弓の使い手がいる賊に、襲われたとの報告が入る。
チュモンの仕業ではないかと思うテソ。

 

同じくヤンジョンの紹介で、漢の武器を手に入れようとするヨンタバル。
ヨンタバル商団を調べていたヨンポは、極秘の情報を手にする。

ヨンポから報告を受けたクムワは、ヨンタバルに不信感をもつ。

 

ヒョントで再会した、チュモンとソソノ。
チュモンは、心配するソソノを抱きしめる。

 

漢からの鍛冶職人たちを連れ、プヨに戻ったテソは。
クムワに、職人たちの正体を隠し報告する。

 

漢の職人たちの剣は、モパルモたちのもと、比べ物にならないほどだった。

チュモンは、オイたちにヘモスが実の父であり、これからはヘモスの遺志を果たすために生きると話す。

★朱蒙(チュモン)-あらすじ26話

漢からの職人が造る剣により、手柄を立てたテソ。
テソを皇太子にしようとする王妃たち。

 

チュモンも宮殿に戻り、クムワから護衛総官に任命される。
多くの味方が必要だと、ユファからアドバイスされ、オイたちを護衛兵として迎えるチュモン。

 

チュモンの指示で、ケルの鉄器工場に向かうことになったモパルモ。
護衛に、ムソンと案内役にソソノが同行する。

 

プドゥクプルたちに皇太子をテソに決めるよう言われるが、応じようとしないクムワ。
認めてもらうにはどうすればいいのか、涙ながらに訴えるテソ。

 

★朱蒙(チュモン)-あらすじ27話

王妃が、テソを皇太子にすることを拒むクムワに怒る。
サチュルトを味方につけ画策する一方、テソとチュモンの共倒れを狙うヨンポ。

 

チュモンを連れ市中の視察に出るクムワ。
災いをおそれる民を見て心を痛めるクムワに、流民たちにも目を向けるよう訴えるチュモン。

 

ケルからプヨ国に戻る途中で刺客に襲われるソソノ。
ソソノをかばい、傷を負ったウテをヨウミルが助ける。

 

オイたちが、鉄器工場で密かに漢の職人たちが使う、黄土を手に入れる。
それにより、モパルモは鋼鉄剣の製造に成功する。

 

チュモンの話を受け、流民の保護を決めたクムワ。
ヨンタバルから、チンボンとイムドゥンの郡の情報を得たチュモン。
クムワに流民を救うため、攻めるのは今しかないと告げる。

★朱蒙(チュモン)-25話~27話の感想

もうテソは、ヤンジョンの娘と結婚するしかなさそう(>_<)

 

クムワに、泣きながら話すテソを見てたら、心痛くなるね。
正室の長男でありながら、皇太子になれないなんて…
かわいそうだなぁって。

 

王妃の行動も分かるな・・・
とか思っちゃう(^^;)

 

クムワもチュモンが関わったときは、かっこいい決断をするんだけどなぁ・・・。

★朱蒙(チュモン)-次回のあらすじ

チュモンは、勢力に陰りが見えたイムドゥンとチンボンへ出兵するようクムワへ上奏する。
その頃、軍商として戦地へ向かおうとしていたソソノは…

朱蒙(チュモン)のあらすじ(28話~30話)はこちら

朱蒙(チュモン)-全話一覧

朱蒙(チュモン)-あらすじ全話一覧はこちら