左利きの妻

韓国ドラ・左利きの妻(10話~12話)のあらすじ感想【ナムジュンの手助け】


初回放送から視聴率12.5%!キムジヌが結婚後初のドラマ出演!

新婚旅行地で行方不明になった旦那を探す女性と、事故により他人の人生を生きる男。
欲望の中で本当の愛を探すロマンスストーリー。

「左利きの妻」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「左利きの妻」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

左利きの妻の相関図・キャスト情報はこちら

左利きの妻-あらすじ10話

ドギョンはすべての記憶を失っていた。
エスドは一安心する。

エラはドギョンの記憶を早く取り戻そうと努力する。
一方、ドギョンとサラが遭遇する。

出会った瞬間からお互いに不思議な感情が芽生える。
何が何だかわからないが心臓をときめかせていた。

左利きの妻-あらすじ11話

ナムジュンに激怒するエスド。
エスドも負けずと過去の話を持ち出し、サナへの気持ちを整理するよう助言する。

一方、サナはドギョンのリハビリに携わることになる。
その事を知ったエスドはナムジュンを責める。

不安なエスドは、病室を訪れサナに叱責する。
そんな中、以前と違うドギョンの様子に不信感を感じるサナ。

 

左利きの妻-あらすじ12話

退院し本家に戻ったドギョン。
両親や親戚たちに暖かく迎えられるドギョンだが何一つ記憶がない。

他人の家のようでぎこちなく、慣れない環境に困惑するドギョン。
そんなドギョンの気持ちも知らず、記憶を取り戻そうと焦るエラ。

エスドは、サナと一緒にいるドギョンに嫉妬心が芽生える。
エスドはナムジュンに協力を求めるが…。

左利きの妻-10話~12話の感想

ナムジュンが協力したからエスドがここまでこれたんだ。
恐ろしいわ〜二人の頼みを聞く医者も医者だけど。

エスドのサナに対する態度もムカついて仕方ない。
不安なのはわかるけど、何様のつもりなの?

罪悪感は少しもないんだね。
エスドが無茶苦茶なこと言ってることにサナは違和感を感じないのだろうか?
いい人なのも罪だよね…。

左利きの妻-次回のあらすじ

スホを探すためテレビ出演をしたサナ。
ドギョンは、病院で偶然サナが出演する放送をみて…

左利きの妻のあらすじ(13話~15話)はこちら

左利きの妻-全話一覧

左利きの妻-あらすじ全話一覧はこちら