左利きの妻

韓国ドラ・左利きの妻(85話~87話)のあらすじ感想【スホの確信】


初回放送から視聴率12.5%!キムジヌが結婚後初のドラマ出演!

新婚旅行地で行方不明になった旦那を探す女性と、事故により他人の人生を生きる男。
欲望の中で本当の愛を探すロマンスストーリー。

「左利きの妻」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「左利きの妻」(85話~87話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

左利きの妻の相関図・キャスト情報はこちら

左利きの妻-あらすじ85話

スホは、ジェムマがサナではないことを知り驚愕する。
ジェムマは、ハヨンの実姉でゴールドエッセンの本部長だった。

スホは、ジェムマの前で涙を流しながらサナへの想いを語る。
「1日もサナの事を考えなかった日はない。サナがこの世に戻ってくるなら悪魔に魂を売ってもいい」

「人生のすべてだったサナがどうして自分をわからないんだ?」
スホは、ジェムマがサナだと確信を持つのだった。

左利きの妻-あらすじ86話

ジェムマがサナだと確信したスホは、ハヨンの家に向かう。
そして、ナムジュンに向かって真実を追求する。

スホは、ナムジュンに脅迫されて知らんふりをしているのかとサナにも問いかける。
そうでなければ、1年前の事故で記憶を喪失しているのだ推測するスホ。

スホは、サナに1年前の事故の状況を説明する。
スホの話を聞いたサナは…。

 

左利きの妻-あらすじ87話

サナだと言い張るスホの頬を平手打ちするジェムマ。

一方、サナは、夫ナムジュの傷を見ながら罪悪感を感じていた。
1年前、アメリカで自分を救出する時にできた傷で、いまだに薬を飲み続けているナムジュン。

罪悪感を感じるサナを優しく抱き寄せるナムジュン。
そんな甘い時間を過ごす二人の部屋にハヨンが入ってくる。

その後、一人になったサナはスホの言葉を思い出し…。

左利きの妻-85話~87話の感想

ナムジュンはどこまで極悪人なんだろうね。
自分で事を荒立てておいて恩人のふりして。。

サナの記憶が戻ったらどうなっちゃうんだ?
愛する夫が実は自分を追いつめた犯人だと知ったら私なら生きていられない。

スホも同じことを経験してるからね。
記憶喪失に、スホの場合は顔まで変えられちゃってさ。

左利きの妻-次回のあらすじ

サナ家族たちは、ジェムマを自宅に連れていく。
背中にはあざがあり…

左利きの妻のあらすじ(88話~90話)はこちら

左利きの妻-全話一覧

左利きの妻-あらすじ全話一覧はこちら