イ判サ判(理判事判)-

韓国ドラマ・イ判サ判(法廷プリンス)-あらすじと感想!最終回まで(31話~32話最終回)


パク・ウンビンとヨン・ウジンがW主演!

クールで冷静な男性判事と情熱的な女性判事。
真逆な二人が、裁判所を舞台に繰り広げる法廷ストーリー!

「イ判サ判(法廷プリンス)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「イ判サ判(法廷プリンス)」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

イ判サ判(法廷プリンス)の相関図・キャスト情報はこちら

イ判サ判(法廷プリンス)-あらすじ31話

ジョンジュとウィヒョンは、ムン部長に会う。
ハンジュンは、スンボクのサポートをしていた。

 

その後、ウィヒョンはジョンジュに自分の気持ちを告白する。
戸惑うジョンジュは、時間が欲しいと答える。

 

お互いの気持ちを確かめ合った、ウィヒョンとジョンジュ。
そんな中、ドンハは、へスクの面会に向かうが…。

イ判サ判(法廷プリンス)-あらすじ32話(最終回)

ジョンジュとウィヒョンは、他の場所で仕事をすることに。
しかし、残業を終えてデートを楽しむ二人。

 

一方、ウィヒョンは、ジョンジュの家に戻ってくる。
二人で、記録を見直しながら眠りについてしまう。

 

次の日寝坊した二人は、法廷まで駆け足で急ぐのだった。
その後、二人揃って法廷に立つのだった。

 

イ判サ判(法廷プリンス)-31話~32話(最終回)の感想

ウィヒョンの告白、なんかちょっと変わってた。
やっぱり、判事だからちょっと普通とは違うのかな…。

 

ジョン判事が結婚できない理由がありそう。
性同一障害なのかな…。

 

同じ職業だと色々と話しを聞いてもらえて、心強いと思う。
判事という難しい職業の二人には、お互いの力が必要なんだね。

イ判サ判(法廷プリンス)-全話一覧

イ判サ判(法廷プリンス)-あらすじ全話一覧はこちら