医師ヨハン

韓ドラ・医師ヨハン(1話~3話)あらすじ感想【痛みの原因】

チソン主演!疼痛医学学科の医師たちの奮闘を描いたメディカルヒューマンドラマ

助けられないならば、よくなる見込みがないのならば、せめて痛みを最小限に抑えてあげたい。
そんな医師たちが奮闘する姿を描いた新感覚の医療ドラマ。

「医師ヨハン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「医師ヨハン」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

医師ヨハンの相関図・キャスト情報はこちら

医師ヨハン-あらすじと感想

痛みを訴える患者。
検査をしても痛みの原因は見つからないが、激しい痛みや体の不調を訴え続ける。

原因不明で苦しみ続ける患者の声に耳を傾け、原因を追及する疼痛医学学科の医師たち。
病気と向き合う医師たちの葛藤を描いていく。

ゆきママ
ゆきママ
チソンの久しぶりのドラマ。
チソンが出るドラマは比較的視聴率もいいし面白いから期待できそう。

医師ヨハン-あらすじ1話

ある日、刑務所の医務官としてアルバイトを始めるシヨン。
そこで医務官キラーと呼ばれる医師出身の受刑者6238(ヨハン)と出会う。

一方、刑務所内で親睦のあるチェスの容態が悪化したことにいち早く気づくヨハン。
チェスは倒れすぐに病院に移送しなくてはいけない事態になる。

マダガスカルに出国予定だったシヨンを、ヨハンが説得。
シヨンは、ヨハンの指示通りチェスを助けようとするが…。

ゆきママ
ゆきママ
引き込まれてしまうくらい面白いわ。
原因がわからなければ仮病扱いされてしまうんだね。
こんなに真剣に向き合ってくれる医師に出会ってみたい(^_-)-☆

医師ヨハン-あらすじ2話

ヨハンは、チェスの難病を確信し診断しようとする。
しかし主治医のユジュンは信じようとしない。

11万7千人に一人という極めて罹患率の低い病気だったからだ。
しかし、治療が遅れチェスを死なせたくないヨハンは、シヨンに協力を求める。

チェスの容態は悪化し、難病を証明する検査結果を待っている時間はない。
チェスを救いたいヨハンは…。

ゆきママ
ゆきママ
ドキドキしちゃった。こんなこともあるんだ。
結局チェスはこの病気のせいで家族みんな亡くなってしまったんだね。
もっと早くヨハンに会っていれば…。
 

医師ヨハン-あらすじ3話

教授と助手として再会したヨハンとシヨン。
フェローのユジュンも合流し、ヨハンの疼痛医学チームで最初の患者を迎い入れる。

患者は、ヨハンが病院の外で応急処置をした格闘技選手ヒョンウ。
ヒョンウの検査結果に異状が見つからなかったが、ヨハンは疑惑を抱く。

強引に退院しようとするヒョンウだったが、再び力が入らず倒れてしまう。
ヨハンは、ヒョンウのもとを訪れ神経系の異常を疑い検査をすすめる。

しかし、ヒョンウは検査を拒み…。

ゆきママ
ゆきママ
ヨハンが教授って若すぎじゃない?
患者に向き合ういい医者なのに一体何があったのかしら?

医師ヨハン-1話~3話の感想

これはハマってしまった。
韓国で視聴率が高いのも納得だわ。

本当にあり得ないくらい確立の病気でももしかしたら自分がなるかもしれないんだもんね。
あらゆる可能性を追求して原因を解明するところが面白すぎる。

ヨハンもシヨンも相当頭がいいんだろうね。
医者ってすごい職業だと思う。

医師ヨハン-全話一覧

医師ヨハン-あらすじ全話一覧はこちら