いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(1話~3話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ1話

ミョンシクは、幼い頃から裕福な生活に恵まれなかった。
親の借金を背負わされていたミョンシクは、絶えず苦悩の中にいた。

 

その上、生活費の捻出もできず、双子の娘たちまで手放てしまう。

 

田舎での貧困生活が、嫌でしょうがないミョンシクの愛娘セウン。
そんな彼女は、ミョンシクの弟の叔父ムンシクの家で、お金に不自由しない生活をしたいと望む。

 

もう1人の愛娘インジョンは、高校で先生に薦められ、卒業後に軍人になる。
その後、インジョンは軍人を除隊するが…

★いつも春の日-あらすじ2話

車を運転していたユノ。
道を歩く女性を眺めていると、1人の女の子に目がとまる。

 

双子のセウンにそっくりな女の子だったのだ。
「あれはインジョン?」
ユノはきっと見間違いだろうと必死に気持ちを落ち着かせる。

 

一方、ミョンシクとインジョンは、親の借金のことで話し合っていた。

 

★いつも春の日-あらすじ3話

ミョンシクは、父親テピョンの借金がまた増えたことで苦しむ。
借金を更に背負うことで、気持ちが落ち込む家族たち。

 

話し合いの結果、なんとかして借金の返済方法を探ろうとする。
しかし、現状を受け入れられないチョンシムは、テピョンたちに不満ばかりを口にする。

 

一方、会場に着いたインジョンには予想外の出来事が…

★いつも春の日-1話~3話の感想

『いつも春の日』、ついに始まった~!
ミョンシク家では、テピョンの借金が膨れあがって大変そう。
親のせいで自分たちの生活が振り回されるのはキツイね…。

 

インジョンも軍人の道を選ぶけど、優しい性格みたい。
現実的なセウンとは面白いほど対象的。

 

120話の長編ドラマだから、二転三転していくのかな?次回が楽しみ♪

★いつも春の日-次回のあらすじ

ミョンシクは、トクサンにユンホを紹介される。
就職活動のため、会社に履歴書を提出しに向かうインジョンは…

いつも春の日のあらすじ(4話~6話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら