いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(52話~54話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(52話~54話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ52話

ハンギルの態度が一変したことを、喜ぶトクサン。
しかし、ハンギルはムンシクと裏で手を組んでいた。

 

そこで、ハンギルはトクサンの弱みを握る。

 

その頃、インジョンは後継者争いから、抜け出したいと考え始める。
一方、セウンとジュナは、ボヒョンの実父の情報を掴んだが…。

★いつも春の日-あらすじ53話

後継者の座を狙う者が、あまりに多いことにうんざりするハンギル。

 

その頃、ユリはある悩みを抱えていた。
トクサンが病気なのではないかと思いを、巡らせていたのだ。

 

一方、ボヒョンとインジョンが親子でないことが明かされる。
それを明らかにしたのは、ヒョンジュンだった。

 

★いつも春の日-あらすじ54話

ミョンシクの家から、追い出されるセウン。
実の母親としてジョンシムは、セウンの状況に思いを馳せていた。

 

彼女はその気持ちを、ミョンシクへ切実に訴える。
しかし、ミョンシクはジョンシムの思いを汲み取れないでいた。

 

その頃、セウンはトクサンの話をしていた。
インジョンの様子を知りたくてたまらないセウンは…。

★いつも春の日-52話~54話の感想

後継者争いが始まって、みんなの気持ちが変わってきた!
トクサンの弱みをみつけて、ハンギルとムンシクは何を考えてるの?!?
そして、トクサンの身体は大丈夫なのかな?

 

また、ボヒョンとインジョンが親子じゃないことが分かってビックリ!
そのことが、後継者争いにも影響しそうな予感…。
でも、ボヒョンの父親って誰なんだろう?

 

セウンの状況も変わってきて、今後どうなるのかも気になる~。
後継者問題はもうしばらく続きそう(>_<)

★いつも春の日-次回のあらすじ

家政婦に、大切にしていたカバンを捨てられてしまったジョンシム。
そのことで怒りをあらわにする様子を、傍にいたヘジャが気に掛けて…

いつも春の日のあらすじ(55話~57話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら