最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(121話~122話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ121話

ユノは、インジョンの事故を阻止しようとして、大怪我を負う。
インジョンは、そんなユノの気持ちを知って嗚咽する。

 

一方、セウンの容態はあまり良いものではなかった。
その知らせを聞いた家族たちは、複雑な気持ちになる。

 

そんな中、ミョンシクは、放火の背後にセウンが関連していることを知る。
救いようのない事実にミョンシクは…。

★いつも春の日-あらすじ122話(最終回)

ミンスが旅立つことに。
出発前にボヒョンに最後の挨拶に行く。

 

ユノは、アメリカ行きを志願する。

 

一方、意識が戻ったセウン。
セウンは、インジョンに最後の手紙を書き残す。

 

そして、みんなの前から姿を消したセウンは…。

 

★いつも春の日-121話~122話(最終回)の感想

ミンスが、ボヒョンに最後の別れを言いに行くシーンは泣けた。
ボヒョンの帰す言葉が可愛すぎる。
子役もなかなか演技が上手いわ(*´▽`*)

 

ムンシクがセウンに謝罪したところも、なんとも心が痛かった。
もう少し早く気づいていればなぁって思ってしまう。

 

色々あったけど、セウンが立ち直れてよかった。
みんなに笑顔が戻ってホッとした!

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら