いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(37話~39話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ37話

ミョンシクとハンギルの人生を、入れ替えようと画策するヒョンジュン。
しかし、2人の情報が知れ渡ってしまう。

 

そんなミョンシクの生い立ちが、嫌でたまらないジョンシム。
ジョンシムは我慢できず、ミョンシクを家から追い出してしまう。

 

一方、ムンシクの家では緊迫した状況に陥っていた。
跡継ぎの座を、インジョンに奪さわれるのではないかと警戒されて…。

★いつも春の日-あらすじ38話

トクサンの言葉を聞き入れたかのように、装うハンギル。
しかし、ハンギルはムンシクと手を組んで、トクサンを陥れようとする。

 

そんな二人の思惑を、ヒョンジュンが察知する。

 

一方、インジョンの行動を気に掛けていたユノ。
彼はインジョンへの想いを、改めて自覚するが…。

 

★いつも春の日-あらすじ39話

インジョンたちとの接点を、持つようになったジュナ。
ヒョンジュンの至らない点に我慢できず、怒りを露にする。

 

一方、ミョンシクの元を訪ねたハンギル。
ハンギルは、正体を隠して生きることを勧められるが、その誘いには乗らなかった。

 

そんな中、セウンがボヒョンとともにやってくる。
ユノの目の前でボヒョンは、インジョンをママと呼ぶが…。

★いつも春の日-37話~39話の感想

重大な事実が明かされちゃった!
ハンギルとトクサンは、ガチバトルになっちゃうかなぁ?
その事実を知ってしまった、ヒョンジュンの動向も気になるし…。

 

そして、ユノとインジョンの関係もまた変わってきたね。
ユノはインジョンのことを、ママと呼ぶボヒョンを見て、さすがに言葉がでない様子。

 

本当にインジョンがボヒョンのママなのかな?
早くはっきりしてほしいなぁ。

★いつも春の日-次回のあらすじ

ミョンシクの所に、駆けつけるムンシク。
彼は駆けつけるとすぐに暴言を吐いて…

いつも春の日のあらすじ(40話~42話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら