自白

韓ドラ・自白(13話~15話)のあらすじ感想【最高のコンビネーション!】


2PMジュノが強い芯を持った弁護士を熱演する法廷ストーリー!

一度でも判決が確定した事件は扱うことができない「一事不再理の原則」。
そこに隠されている真実に迫っていく法廷捜査ドラマ。

「自白」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「自白」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

自白の相関図・キャスト情報はこちら

自白-あらすじ13話

倒れているジェニソンに、銃を持っているドヒョン。
10年前のピルスと同じような光景に驚愕するチュノ。

ドヒョンの手に手錠がかけられる。
チュノは、本当にジェニソンを殺したのかとドジョンに尋ねる。

一方、ドヒョン目の敵にしていたシガンは、今回の事件で確実に追いつめようとする。
取調室に行き事件を検察に任せようとするヒョンジュンは…。

自白-あらすじ14話

ドヒョンは、ようやく父親の再審を申し込むが、状況は容易ではない。
再審の決定は警察・検察・法廷すべてのミスを認めることになるからだ。

状況を黙ってみていられないミョングン。
ピルスの口から当時の事件の事実が明らかになる。

今まで集めた証拠や新たに発見した証拠、そしてピルスの証言。
ヒョンスの息子が10年間準備してきた再審が始まろうとしていた。

 

自白-あらすじ15話

ミョングンは、ドヒョンが持っている報告書を回収するよう指示する。
インボムは、ドヒョンを訪ね自分の身を守るようにと忠告する。

ミョングンの事務所を訪問するチュノ。
チュノの追跡で、ミョングンの状況も容易ではなくなる。

一方、スンフ殺人事件の再審2回目の公判が開かれようとしていた。
果たしてどんな局面を迎えるのか…。

自白-13話~15話の感想

さすがドヒョン、頭の回転が速い賢い!
チュノとドヒョンのコンビネーションも最高。

最近この手の逆転ドラマ多いけど、昔と違ってほんと面白くなってる!
脚本家や監督が毎回ドラマを飽きさせないように工夫してるんだと思う。

最近の韓ドラはKPOPと同じようにすごい成長してると思う。
日本のドラマもこういった工夫が必要なんじゃないかな…!(笑)

自白-次回のあらすじ

10年間準備してようやく迎えたピルスの再審判決公判。
それぞれ別々に発生した事件も…

自白のあらすじ(16話【最終回】)はこちら

自白-全話一覧

自白-あらすじ全話一覧はこちら