自白

韓ドラ・自白(16話最終回)のあらすじ感想【最後の戦い】


2PMジュノが強い芯を持った弁護士を熱演する法廷ストーリー!

一度でも判決が確定した事件は扱うことができない「一事不再理の原則」。
そこに隠されている真実に迫っていく法廷捜査ドラマ。

「自白」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「自白」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

自白の相関図・キャスト情報はこちら

自白-あらすじ16話(最終回)

10年間準備してようやく迎えたピルスの再審判決公判。
それぞれ別々に発生した事件もすべてが一つにつながる。

10年前の事件から始まった狂った事件を阻止しなくてはいけないのだ。
真実を知る者・真実を追求する者・不正の中で生まれた犠牲者たち。

事件にかかわった者たちから自白の言葉を聞くことができるのか。
「自分がやった」その一言を聞くために、ドヒョンは最後の戦いに挑むのだった。

事件の関連したすべての黒幕が逮捕される。
黙秘を続けるミョングン。

法廷でドヒョンは、すべての罪を認めるか?とミョングンに尋ねる。

自白-16話(最終回)の感想

最後の最後まで認めないんだもんね。
事件の真相も明らかになったけど、どうしようもない悪党たちだよ!

権力を利用して。
国を引っ張る国会議員や大統領とかがこんなことやってるから豊かにならないんだよ。

こういう部分や今も昔も変わらないよね。
ドヒョンの知能で、父の無罪を証明し刑務所に送るところまでやり遂げたから。

何十年ぶりのドヒョンの笑顔が素敵だったし感動した!
それにしてもミョングンの自白がきけなくて悔しい。

自分たちの名誉を守るために何人の犠牲者を出したのよ(>_<) でもどの国もみんなこんな事あるんだろうな…。

自白-全話一覧

自白-あらすじ全話一覧はこちら