男性アイドルグループ「2AM」のチョン・ジヌンが出演!主演はナム・サンミ!

生きていくために顔を整形した女性は、手術の後遺症で記憶まで無くしてしまう。
記憶を取り戻すために奮闘するミステリードラマ。

「彼女はといえば」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「彼女はといえば」(37話~39話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

彼女はといえばの相関図・キャスト情報はこちら

彼女はといえば-あらすじ37話

ジャヨンから解雇を言い渡されたスジン。
これまで尽くしてきたジャヨンから突き放され、スジンは怒りを抑えきれない。

 

そんな中、チャンギとスジンの携帯に動画を送りつけたウンハン。
2人への復讐を果たすため、本格的に動きはじめた。

 

ウンハンの行動に戸惑いを隠せないスジンとチャンギ。
しかし、チャンギの手によりガンウは窮地に追い込まれてしまい…

彼女はといえば-あらすじ38話

社長との会食の席に現れたウンハン。
社長夫婦の前でチャンギにワインを浴びせ、本性を暴くと宣言する。

 

そんなウンハンに激怒するチャンギ。
ウンハンに復讐をやめさせようとするチャンギは最後の手段に出た。

 

睡眠剤と酒を手に浴室に閉じこもるチャンギ。
ドアを開けろというスジンの呼びかけにも応じず…

 

彼女はといえば-あらすじ39話

ウンハンを呼び戻すため、自殺未遂を起こしたチャンギ。
ダラからの電話で騒ぎを知ったウンハンとガンウは病院へ駆けつける。

 

一方、ガンウの病院にはニュースを見た人々が集まっていた。
ガンウを助けたいならチャンギのもとに戻れと言うチェヨン。

 

しかし、ウンハンは何が会っても絶対にチャンギのもとへは戻らないと宣言する。
そんな中、チェヨンからガンウとウンハンの関係を聞いたガンウの父ヨンチョルは、ガンウと別れてほしいとひざまづき…

彼女はといえば-37話~39話の感想

チャンギの頭にワインをかけたときのウンハンの表情は、今までのウンハンとはもう別人だった!
ウンハンの迫力にさすがのチャンギも追いつめられたように見えた!

 

自殺未遂はさすがにビックリしたけど、ちゃんと命に危険がないように計算していたのね…
そこまでするー?!って感じだよね。

 

次回はついに最終回だけどどうなっちゃうの~!?

彼女はといえば-次回のあらすじ

チャンギにウンハンと離婚し、自分と再婚してほしいと切り出したスジン。
チャンギはスジンとの取引を承諾し…

彼女はといえばのあらすじ(40話(最終話))はこちら

彼女はといえば-全話一覧

彼女はといえば-あらすじ全話一覧はこちら