男性アイドルグループ「2AM」のチョン・ジヌンが出演!主演はナム・サンミ!

生きていくために顔を整形した女性は、手術の後遺症で記憶まで無くしてしまう。
記憶を取り戻すために奮闘するミステリードラマ。

「彼女はといえば」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「彼女はといえば」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

彼女はといえばの相関図・キャスト情報はこちら

彼女はといえば-あらすじ34話

再びウンハンに暴力を振りはじめたチャンギ。
苦しむウンハンの姿をあざ笑うスジンだが、ウンハンはこれまでの自分とは違うといってスジンに立ち向かうのだった。

 

一方、ウンハンの異変に気がついたガンウは、ウンハンとダラを救出する計画を考えはじめる。
そんな中、チャンギとスジンの会話を耳にしたウンハン。
自分を精神病院にいれようとする2人の計画を知り…

彼女はといえば-あらすじ35話

ガンウの指示通り、チャンギがゴルフに出掛けているあいだにダラと脱出しよう準備をしていたウンハン。
チャンギが突然ゴルフの予定をキャンセルしてしまい、ウンハンとガンウは急きょ別の方法を実行することに。

 

しかし、チャンギに計画を知られてしまい、ウンハンは病院に送られる危機に陥ってしまう。
ウンハンの危機に気づいたガンウは、ウンハンに手を出したらただではおかないと警告する。

 

そんな状況のなか、隙をついて脱出を試みるウンハン。
しかし、警備員たちに前をふさがれてしまい…

 

彼女はといえば-あらすじ36話

家からの脱出に成功し、ガンウに会うことができたウンハン。
記憶を失うまでの日々になにがあったのか、ガンウに伝えるのだった。

 

今すぐ帰ってこいというチャンギに、離婚する告げ、復讐を誓うウンハン。
そんな中、ウンハンはジャヨンから呼び出された。

 

ジャヨンはチャンギの暴力を知っていながら、見て見ぬふりをしていたことを打ち明ける。
そして、ウンハンにある取引を持ちかけるのだが…

彼女はといえば-34話~36話の感想

なんとかウンハンは家から脱出することができたけど、家に残されたままのダラが心配だよ(>_<)
チャンギはダラをまるで人質のように考えているし…

 

でも、ジャヨンの言葉は意外だった!
今まで冷たく接したり、チャンギに離婚を勧めていたのは、ウンハンを嫌っていたからじゃなくて、ウンハンを息子から引き離して助けようとしていたからだったのね!!

 

ジャヨンはこれからウンハンの味方になってくれそうだけど上手くいくんでしょうか?!

彼女はといえば-次回のあらすじ

ジャヨンから解雇を言い渡されたスジン。
これまで尽くしてきたジャヨンから突き放され…

彼女はといえばのあらすじ(37話~39話)はこちら

彼女はといえば-全話一覧

彼女はといえば-あらすじ全話一覧はこちら