男性アイドルグループ「2AM」のチョン・ジヌンが出演!主演はナム・サンミ!

生きていくために顔を整形した女性は、手術の後遺症で記憶まで無くしてしまう。
記憶を取り戻すために奮闘するミステリードラマ。

「彼女はといえば」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「彼女はといえば」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

彼女はといえばの相関図・キャスト情報はこちら

彼女はといえば-あらすじ4話

ガンウの家で暮らし始めたウンハン。
ついにすべての包帯が取れ、新たな顔と対面することに。

 

一方、ウンハンが記憶が戻らないふりをして、ガンウを利用しているのではないかと疑っていたフィヨン。

身元の分からないウンハンを2ヶ月ものあいだ保護しているガンウに、いつまで警察に連絡しない気かと忠告する。

 

そんな中、ウンハンは自らの身元を調べる決心をするのだが…

彼女はといえば-あらすじ5話

自分の身分を調べるため、警察署に向かうウンハン。
ガンウと警察署に入ろうとした瞬間、携帯電話に一本の連絡が入る。

 

そこでウンハンは、記憶を失くす前の自分が、ある家で働こうとしていたことを知るのだった。
自らの過去を知るため、記憶を失くす前の自分が計画していた人生に飛び込む決心をするウンハン。

 

ウンハンが心配でならないガンウは、もう少し調べてからにしようと引き止めるが、ウンハンはインターホンを鳴らし、門の中へと入っていき…

 

彼女はといえば-あらすじ6話

財閥一家のメイドとして働くことになったウンハン。
家を探ろうとするウンハンは、執事のスジンから好奇心は禁物だと忠告される。

 

それでも、謎めいた家の雰囲気が気になって仕方のないウンハンは、料理人のファンにあれこれと質問してしまうのだった。

 

一方、ウンハンの帰りを心配しながら待っていたガンウ。
ウンハンは、自分があの家で何をしようとしていたのか調べるため、もう少しだけ時間が欲しいと伝えるのだが…

彼女はといえば-4話~6話の感想

記憶を失う前のウンハンが計画していたこととは一体何なんでしょう?!
整形をしてまで、あの家に入り込みたかった理由とは…?

 

怪しい家族やスジン、そして地下室の秘密も気になるわ~!
ウンハンは、これから少しずつ秘密を知ることになっていくんだろうけど、怪しい一家に危険な目に遭わされるんじゃないかとちょっと心配(;゚Д゚)

 

次回の展開が気になる!!

彼女はといえば-次回のあらすじ

地下室の秘密を探ろうとするウンハン。
わざとトイレットペーパーを転がし…

彼女はといえばのあらすじ(7話~9話)はこちら

彼女はといえば-全話一覧

彼女はといえば-あらすじ全話一覧はこちら