男性アイドルグループ「2AM」のチョン・ジヌンが出演!主演はナム・サンミ!

生きていくために顔を整形した女性は、手術の後遺症で記憶まで無くしてしまう。
記憶を取り戻すために奮闘するミステリードラマ。

「彼女はといえば」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

Sponsored Links


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「彼女はといえば」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

彼女はといえばの相関図・キャスト情報はこちら

彼女はといえば-あらすじ7話

地下室の秘密を探ろうとするウンハン。
わざとトイレットペーパーを転がし、地下室に近づこうとする。

 

しかし、地下室の前でチャンギと鉢合わせてしまい、ウンハンは焦ってしまう。
一方、スジンはチャンギの細かい好みまで知っているウンハンに疑問を抱きはじめる。

 

ウンハンもまた自分がなぜチャンギの好みを知っているのか不思議に思っていた。
スジンは、ウンハンについて調べはじめるのだが…

彼女はといえば-あらすじ8話

家に戻ったウンハンの前に突然、キム班長が現れる。
とっさに顔を隠すウンハン。
ガンウは怯えるウンハンを外に連れ出し、気分転換をさせることに。

 

ある日、ウンハンは熱を出してしまった。
それでも無理をして仕事に向かうが、ついに倒れてしまう。

 

そんな中、自分の過去に不安を覚えたウンハンは、ガンウの家を出て行くと告げるのだが…

 

彼女はといえば-あらすじ9話

ガンウの家を飛び出すウンハン。
しかし、階段でキム班長と鉢合わせてしまった。

 

ウンハンに近づくキム班長に殴りかかるガンウ。
結局、ウンハンは自分の身元が分かるまで、ガンウの家で世話になることに。

 

そんな中、ウンハンはチャンギの家の前まで訪ねてきたスクヒョンと出会う。
スクヒョンは娘の消息について分かったら、連絡してほしいと頼むのだが…

彼女はといえば-7話~9話の感想

ウンハンは自分がチャンギの妻であることにまだ気がついていないけど…
自分がチャンギの好みや習慣をなぜ知っているのか疑問に感じはじめて!

 

自分がチャンギの愛人か何かだと思い込んでしまったみたい(*_*)
それにしても、記憶を失う前のウンハンは、一体何をしようとしていたの?!

 

家を出て、顔を変えるだけでなく、別人としてあの家に戻っていった理由は何なのか?!
ますます気になる!!

彼女はといえば-次回のあらすじ

失った記憶を取り戻すため、チャンギの家で手がかりを探すウンハン。
ガンウもまた別の方法で…

彼女はといえばのあらすじ(10話~12話)はこちら

彼女はといえば-全話一覧

彼女はといえば-あらすじ全話一覧はこちら