リーガルハイ

韓ドラ・リーガルハイ(16話最終回)のあらすじ感想【裁判の結末は?】


日本大人気ドラマを韓国でリメイク!堺雅人さんが演じた古美門研介役にチン・グ!

勝率100%のお金が第一の弁護士と法律だけを信じ正義感ある新米弁護士。
真逆の二人がタッグを組むコミカルドラマ!

「リーガルハイ」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「リーガルハイ」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

リーガルハイの相関図・キャスト情報はこちら

リーガルハイ-あらすじ16話(最終回)

テリムは工場排水から流れ出た化学物質と事件は関係がなかったという事実を知る。
ジュギョンに3年前、自分に隠した事実は何なのか問い詰めるテリム。

ソ代表にスパイの烙印を押されたジュギョンはB&G法律事務所をやめ、テリムにすべての真実が収められているUSBを手渡す。

一方、チョルジンの弁護を引き受けたテリムとジェインは。
ドンスとギジュンを証人として申請し、ジェインは証人として出廷した父と顔を合わせることになり…

リーガルハイ-16話(最終回)の感想

ついに終わってしまいました~!
日本版とはだいぶ違ったラストだったね☆

ジェインは実の父と対決することになってしまって複雑な気持ちだったと思う(/_;)

でも、やっぱり正義感が取り柄のジェイン!!
脇役も個性的で最後まで楽しいドラマだった♪

続編もできるような終わり方だったしまた続きをやってくれないかな~(*^^*)

リーガルハイ-全話一覧

リーガルハイ-あらすじ全話一覧はこちら