七日の王妃

韓国ドラマ・七日の王妃-あらすじと感想!最終回まで(7話~9話)


イ・ドンゴン×ヨン・ウジン×パク・ミニョンと豪華主演の時代劇ドラマ!

7日間だけ王妃となった女性、端敬(タンギョン)王后。
実話を題材として、男女の三角関係を描いた切ないストーリー。

「七日の王妃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「七日の王妃」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

七日の王妃の相関図・キャスト情報はこちら

七日の王妃-あらすじ7話

晋城大君は、チェギョンの問いに何も答えない。
そこへ刺客が現れ、晋城大君とチェギョンは追われる身に。

 

チェギョンと晋城大君は、追っ手から逃げ洞窟にたどり着く。
毒矢に当たった晋城大君を手当てしながら、今までの想いをぶるけるチェギョン。

 

晋城大君は、今までの経緯を話す。
そんな中、晋城大君を連れ戻せという燕山君の命令で、義禁府の兵力が動き出し…。

七日の王妃-あらすじ8話

チェギョンは、サホンの部下に連れ去られてしまう。
チェギョンをおとりに、晋城大君がやってくるのを待つ兵士たち。

 

早く晋城大君の耳に入るよう、仕向けるサホン。
晋城大君が現れないため、サホン部下たちは、毒矢のせいで倒れたのではと推測する。

 

そんな中、怪我したチェギョンを心配する晋城大君。
そこへソノが戻り、チェギョンの現状を知った晋城大君は…。

 

七日の王妃-あらすじ9話

燕山君の前に現れる、晋城大君。
二人は微妙な雰囲気で、久々の再会を喜ぶふりをする。

 

晋城大君は、チェギョンとの結婚を決意。
燕山君が一番信頼するスグンを味方につけ、燕山君側の人間を利用するためだった。

 

一方、チェギョンに会いに行った晋城大君、正直な気持ちを伝える。
チェギョンと晋城大君が、抱き合っている姿を目撃した燕山君は…。

七日の王妃-7話~9話の感想

いよいよ、晋城大君の反撃が始まりましたね。
何とも切ないお話だ…。

 

チェギョンは、晋城大君が傷つくことを恐れて本心を言えなかったんだ。
いいんだよ~、晋城大君の本心を知っているから!

 

燕山君が二人の関係を知っちゃった。
またひがんじゃうよね~(>_<)

七日の王妃-次回のあらすじ

晋城大君とチェギョンの婚礼準備がすすむ。
予言に惑わされないと決心する、晋城大君とチェギョンは…

七日の王妃のあらすじ(10話~12話)はこちら

七日の王妃-全話一覧

七日の王妃-あらすじ全話一覧はこちら