二度はない

韓ドラ・二度はない(13話~15話)あらすじ感想【ヨルムが気になるヘジュン】

ソウルの中心地に残る古い旅館「楽園旅館」
ここにはなぜか訳ありの宿泊客ばかりが集まる

一度きりの人生…人生に二度目はない!!
失敗と心の傷を乗り越えて再起を夢見る人々の愉快で痛快な人生再挑戦記!!

「二度はない」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「二度はない」(13~15話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

二度はない-前回までのあらすじと感想

ワンサムからは相手にされず、警察からはジングの死は自殺だと言われ激しく落ち込んでしまうバッカ。

弱気になってしまったバッカだが、楽園旅館の人々の励ましをうけて元気を取り戻すことができた。

そんな中、ウンジはミスコンに出場することになり、表彰式のためにステージに上がったワンサムはウンジの姿を見て驚くのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ワンサム一家と楽園旅館の人々は悪縁で結ばれているみたい…コボクとマンネ、ワンサムの間には一体何があったんだろう…?

二度はない-あらすじ13話

ウンジの応援のためにコンテスト会場にやってきた楽園旅館の人々。
しかし、ワンサム一家と鉢合わせてしまい、さらに酔っぱらったウンジが乱入したせいで乱闘騒ぎになってしまった。

一方、ドヒはワンサムの近頃のようすを振り返り、認知症になったのではないかと騒ぎ始める。

そんな中、バッカのもとにジングの後輩から電話がかかってくる。
ジングが生まれてくる子供のためにベビー用品を注文していたことを知ったバッカは、ジングは自殺ではないと確信し…

ゆきママ
ゆきママ
ヨルムのベビーシッターをしてくれるコボク(*^-^*)マンネもいてくれるし、バッカは安心して子育てできるね☆

二度はない-あらすじ14話

ジングの死の真相を確かようと動き出すバッカ。

一方、ヘリは母ドヒがウジェを襲うよう指示したことに気づく。
すべてを捨てて出ていくというヘリを止めるため、仕方なくウジェとの交際を許すドヒ。

そんな中、ジングが働いていた会社に荷物を引き取りに向かったバッカは、偶然にもヘジュンと会うことになった。

ひょんなことからバッカはヘジュンの代わりに車を運転をすることになったのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ヒヤヒヤしたけどバッカとヘジュンは無事にソウルに戻ってくることができて良かったね(*^-^*)ヘジュンの性格も難ありだけど、バッカもなかなかの図々しさ(;’∀’)

 

二度はない-あらすじ15話

ドヒから呼び出され、秘書になってほしいと告げられたバッカ。
ドヒの言葉に驚くバッカだが、就職が決まり喜ぶのだった。

そんな中、楽園旅館には突然様々な機関から立ち入り検査が入る。
ワンサムの差し金だと考え、クソンホテルに乗り込み塩をぶちまけるマンネ。

一方、病院で顔を合わせたバッカとヘジュン。
ヘジュンはバッカと関わりたくないと思いつつも、なぜだかバッカとヨルムのことが気になってしまい…

ゆきママ
ゆきママ
ヨルムが風邪をひかないように車に乗せてくれたヘジュンだけど、風邪をひいているヘジュンと一緒にいる方が危ないんじゃ…

二度はない-13話~15話の感想

本人同士は望んでいないのになぜだか顔を合わせることになってしまうバッカと
ヘジュン!

バッカはドヒの秘書として働くことも決まって、これからさらに関わることが多くなっていきそうだね(;’∀’)

マンネとコボク、ワンサムの間には過去に何かあったことは間違いなさそうだけど、それが何だったのかはまだ明かされず…
今後の3人の関係においては、ウンジが大きな影響を与えることになるかも?!

二度はない-全話一覧