二度はない

韓ドラ・二度はない(22話~24話)あらすじ感想【信じてくれる人】

ソウルの中心地に残る古い旅館「楽園旅館」
ここにはなぜか訳ありの宿泊客ばかりが集まる

一度きりの人生…人生に二度目はない!!
失敗と心の傷を乗り越えて再起を夢見る人々の愉快で痛快な人生再挑戦記!!

「二度はない」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「二度はない」(22話~24話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

二度はない-前回までのあらすじと感想

ソン理事のもとを訪ねたバッカだが、ソン理事には逃げられてしまい、さらに住居侵入の疑いで警察に連行されてしまう。

そんな中、ウンジはワンサムから結婚を前提に交際してほしいと申し込まれる。
戸惑うウンジに五日間考える時間を与えるワンサム。

しかし、弱気になったワンサムは寝込んでしまい、ウンジに見舞いに来てほしいと頼むのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ウンジはワンサムになんと返事をするのでしょうか?!ワンサムはドキドキでしょうね(;’∀’)

二度はない-あらすじ22話

ワンサムの自宅へ見舞いに訪れたウンジ。
ワンサムは喜ぶが、会社に行っていたドヒが突然帰宅してしまい、2人は慌てふためくのだった。

一方、マノは仕事中に倒れて病院に運ばれる。
脳震盪と診断され、しばらく入院を余儀なくされることに。

ヘジュンはバッカとの約束通りソン理事について調べはじめるが、インスクがそのことに気がついてしまう。
インスクはこれ以上余計なことをしないようバッカを懲らしめようと考え…

ゆきママ
ゆきママ
赤ちゃんも一緒にいるってわかってるのにインスクはひどいことするね(# ゚Д゚)

二度はない-あらすじ23話

バッカからインスクに呼び出されたと聞いて不思議に思うヘジュン。

その頃、インスクの陰謀により窃盗の疑いをかけられてしまったバッカは警察に取り囲まれていた。
バッカがカバンと携帯電話を会社に置きっぱなしにしていることに気づいたヘジュンはギャラリーに向かい、状況を把握したヘジュンはとっさに機転を利かせてバッカを助け出す。

帰宅後、ヘジュンから問い詰められるインスク。
バッカとジングに関わろうとするヘジュンにンスクは頭を抱えてしまう。

一方、ウンジはプンギに恋の相談をするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ヘジュンが急に親切になってビックリ!ヘジュンもヨルムの可愛さには敵わないのかな( ´艸`)

 

二度はない-あらすじ24話

インスクに謝罪をさせようとバッカと呼び出したヘジュン。
さらにそこへソン理事が現れる。
ソン理事はインスク側に立ちジングに関する証言をするが、バッカはソン理事の話を信じられないと告げる。

そんな中、マノは退院し、旅館に戻ったマノとグミは地方にいる知人のもとに行って仕事をするつもりだとマンネに伝える。
しかし、マンネはパン職人として生きることをあきらめるなと背中を押す。

一方、ワンサムはついにウンジから返事を聞くことになり…

ゆきママ
ゆきママ
ウンジはプロポーズを受けることに!!今後どうなっていくのか目が離せない(≧∇≦)

二度はない-22~24話の感想

ヘジュンのバッカに対する態度はずいぶん変わったね~(*´▽`*)
なにかとバッカを気にかけて助けてくれるし、ヨルムのことも可愛がってくれたり…
「急にどうしたの?!」っていうくらいの変化でちょっと不自然な気もするけど(;^ω^)

そして、ウンジはついにワンサムのプロポーズをうける決意を!!
インスクとドヒが驚愕する姿が今から目に浮かぶわ( ´艸`)

二度はない-全話一覧