二度はない

韓ドラ・二度はない(49話~51話)あらすじ感想【戻ってきたカバン】

ソウルの中心地に残る古い旅館「楽園旅館」
ここにはなぜか訳ありの宿泊客ばかりが集まる

一度きりの人生…人生に二度目はない!!
失敗と心の傷を乗り越えて再起を夢見る人々の愉快で痛快な人生再挑戦記!!

「二度はない」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「二度はない」(49話~51話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

二度はない-前回までのあらすじと感想

学歴を詐称していたという記事が出回り、ワンサムに呼び出されたヘジュン。
ヘジュンはMBAを修了していないことを認め、ショックをうけたワンサムは倒れてしまう。

一方、コボクが持っていたカバンの中からジングのパスポートを見つけたウジェ。
ウジェは楽園旅館の住人たちにそれを見せ、自分も火災が起こった当時倉庫にいたことを打ち明ける。

住人たちはマノの車に取り付けられていたドライブレコーダーのデーターを復元し、映像を確認しようとするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ドライブレコーダーに犯人の姿は映っているのでしょうか?!

二度はない-あらすじ49話

ドライブレコーダーに倉庫の持ち主の姿が映っていることを確認したバッカ。
バッカと住人たちはその人物に会うため、アンミョン島に向かうことに。

一方、グミはまたしても物忘れをしてマノに叱られてしまう。
近頃の物忘れの多さに不安を感じるグミ。

その頃、ヘジュンは連絡がつかないバッカを心配していたのだが…

ゆきママ
ゆきママ
やっぱりグミはただの物忘れではなさそう…

二度はない-あらすじ50話

バッカを探して楽園旅館にやってきたヘジュンは、マンネにバッカのことが好きだと打ち明ける。
ワンサムの孫だという理由からヘジュンに嫌悪感を抱いていたマンネだが、親切なヘジュンの姿に好感を持ちはじめる。

その頃、ホテルの後継者を巡ってインスクと対立したドヒは、プンギとの関係を暴露しようと企んでいた。

一方、倉庫の持ち主を待っていたバッカたちは、事件について問い詰めるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
インスクたちが関わっていることまでは証明できなかったけど、ジングの死の真相に大きく近づくことができたね!
 

二度はない-あらすじ51話

ジングの死にソン理事が関わっていることを確信したバッカ。

一方、ウジェは警察に事実を話し、再捜査をしてほしいと訴えるのだった。
罪悪感から罪を背負おうとするウジェを引き止め、自分とヨルムのそばにいてほしいと告げるバッカ。

その頃、ヘジュンはインスクからアメリカ行きを迫られていた。
アメリカに行きたがらない理由がバッカだと知り、インスクは激怒する。

そんな中、バッカはソン理事と対面し…

ゆきママ
ゆきママ
ヘジュンはアメリカ行きを避けられない状況に…どうしても跡取りにならなきゃダメなのかな(>_<)

二度はない49~51話の感想

キム船長がジングのカバンを盗んだことを白状してソン理事まではつながったけど、インスクが関わっていることを証明することまではできず…
ソン理事が簡単に口を割るとは思えないし、真相が明らかいなるまでまだ先は長そう(;’∀’)

一方、ヘジュンは後継者として認めてもらうためにはアメリカ行きを避けられない状況…
ヘジュンもヘリも母親の欲のせいで自分たちの人生を好きなように歩めなくてかわいそう(/_;)

結局ヘジュンはアメリカ行きを決意することになるのでしょうか…?!

二度はない-全話一覧