人形の家

韓国ドラマ・人形の家-あらすじと感想!最終回まで(13話~15話)


チェ・ミョンギル×パク・ハナ×ワン・ビンナの人気女優たちが主演!ドロドロ愛憎劇!

二人の女性が愛・友情そして裏切りを繰り広げる。
その中で真実を突き止めていく緊張感あふれる復讐ストーリー!

「人形の家」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「人形の家」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

人形の家の相関図・キャスト情報はこちら

人形の家-あらすじ13話

ギョンへが精神科の治療を受けているという情報が会社に広まる。
そのせいで、ギョンへのヒステリーはひどくなっていく。

 

一方、セヨンは留学先の学校から合格通知が届く。

 

そんな中、ギョンへとセヨンの葛藤が始まる。
天井から証明が落下し、セヨンがギョンへを守る。
そこへ記者たちに囲まれた二人は…。

人形の家-あらすじ14話

ギョンへとセヨンの確執は深まっていく。
ウン会長は、ギョンへがセヨンを救ったというニュースに満足する。

 

一方、セヨンは、シークレットファッションショーに招待される。
憧れのショーの舞台裏を見て、心を弾ませる。

 

ファッションショーで、舞台に上がるセヨン。
スポットライトを浴びたセヨンは、夢を諦めないと決心するのだった。

 

人形の家-あらすじ15話

セヨンは、商標法違反の疑いで逮捕される。
売り場の社長の陳述を覆せば、セヨンの汚名は晴れるという。

 

それを聞いたヨンスクたちは、社長を訪ね説得をする。
しかし、社長の意志が変わることはなかった。

 

社長は状況が落ち着くまで、別荘にいるように命じる。
ギョンへは、別荘から抜け出せないでいた。
一方、ヨンスクは大きな決断をする。

人形の家-13話~15話の感想

どうしてセヨンが、ここまで痛い目に遭わなくちゃいけないんだ?
まっすぐに一生懸命生きているだけなのに。
隠された何かがあるに違いないけど…。

 

3年も取引したセヨンの事を、簡単に裏切る社長の人格を疑うよ。
両親の気持ちを考えると心が痛いわ。

 

このままだと留学まで白紙になっちゃうじゃない!!

人形の家-次回のあらすじ

パーソナルショッパーの契約書を見たセヨン。
自分の夢に向かって、自分のやりたい仕事をして生きること…

人形の家のあらすじ(16話~18話)はこちら

人形の家-全話一覧

人形の家-あらすじ全話一覧はこちら