お金の花

韓国ドラマ・お金の花(カネの花)-あらすじと感想!最終回まで(13話~15話)


演技派のチャン・ヒョクとパク・セヨンが、2年ぶりの共演!

お金に飲み込まれ生きていることに、気づかない人々たち。
そんな人間の欲望を描いた愛憎劇。

「お金の花」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「お金の花」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

お金の花の相関図・キャスト情報はこちら

お金の花-あらすじ13話

ヨチョンは、プチョンの脅迫をする。
計画された政略結婚だったことをモヒョンに言うと、脅されたのだ。

 

そして、プチョンの新薬開発の発表を遅らせようとする。
先に発表をしたヨチョンは、いいボジションを手に入れる。

 

一方、マルランは、プチョンの出世のためにモヒョンが邪魔だと考える。
そこで、マルランはプチョンに離婚を申し入れるが…。

お金の花-あらすじ14話

モヒョンは、マルランとグクァンを説得して会社で働くことに。

 

ピルジュは、録音ファイルの存在を明らかにする。
それは、イウォンが死ぬ前のヨチョンとの会話が録音されていた。

 

一方、マルランがモヒョンを殺そうとしていると思い込んだプチョン。
プチョンは、モヒョンが乗ったピルジュの車を尾行する。

 

運転中のプチョンもピルジュも、車の異変を感じ…。

 

お金の花-あらすじ15話

ジャン会長が、わざと故障させたピルジュの車が爆発する。
ピルジュは命がけでもヒョンを守り、大怪我をする。

 

1か月半ぶりに、意識を取り戻したピルジュ。
ピルジュが病院で眠っている間に政権が握られる。

 

そして、チョンアグループは危機を迎えていた。
ジャン会長の計画通りに進められていくが…。

お金の花-13話~15話の感想

ピルジュは、無敵なのかと思ったのに。
モヒョンを必死で守るピルジュに感動した(#^.^#)

 

あんな状態で、そんな判断できたことが凄い。
普通なら二人とも亡くなってもおかしくない事故だよね。

 

チョンアグループはどうなっちゃうんだろう。

お金の花-次回のあらすじ

プチョンは、ピルジュにお牽制し始める。
自分の力で会長の椅子を手に入れようと…

お金の花のあらすじ(16話~18話)はこちら

お金の花-全話一覧

お金の花-あらすじ全話一覧はこちら