黄金庭園

韓ドラ・黄金庭園(34話~36話)のあらすじ感想【盗まれたドンジュの名前】

ハン・ジヘ主演!30代男女4人が繰り広げる運命に翻弄された人生ゲーム。

それぞれ違う環境で育った4人の男女。
4人は27年前に起こった黄金庭園の後援会でのある事件に関連していた。

秘密を追跡するものと秘密を隠そうとするものの危険なゲームが始まる。

「黄金庭園」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「黄金庭園」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

黄金庭園-前回までのあらすじと感想

ミドゥムの母親がビナだと確信したピルスン。
ピルスンは、証拠を見せてビナを圧迫する。

ピルスンは、ドンジュのひき逃げ事件にもビナが関わっているとにらむ。
ピルスンから警告されたビナは…。

ゆきママ
ゆきママ
ドンジュを殺して解決できる問題じゃないのに。ビナとナンスクはあとどれだけの罪を犯していくのでしょうか?

黄金庭園-あらすじ34話

会社のソファで寝ているテソンに激怒するナミ。
テソンは、ナミに土下座をして許してもらおうと奮闘する。

一方、ドンジュの病室を訪れたビナ。
ドンジュは、ビナを不審に思い単刀直入に追及する。

開き直ったビナは、堂々とミドゥムの母親だと認めるのだった。
ビナと言い争いになったドンジュは…。

ゆきママ
ゆきママ
本当に困惑するよね。
自分がドンジュなのに他の人がドンジュになってるんだよ。
見てる方も混乱してくるよ…。

黄金庭園-あらすじ35話

ドンジュは、ビナに連れられナンスクの家にやってくる。
ドンジュに、あなたの名前はドンジュじゃないと主張する。

ナンスクの無茶苦茶な言い分に反論するドンジュ。
ドンジュの母親が自分であることを告白するも、ドンジュをドンジュだと認めないナンスク。

ナンスクの告白にドンジュは大きな衝撃を受ける。
自分の名前を盗んで生きてきたんだとビナはドンジュを責めるが…。

ゆきママ
ゆきママ
ドンジュの言う通りこれはありえないよね。
そんな事が成立するわけないじゃん。
正常な人を精神病に仕立て上げてる感じ(#^.^#)
 

黄金庭園-あらすじ36話

ジュンギとビナの話を立ち聞きしてしまったテソン。
衝撃をうけたテソンは、ジュンギに真相を確かめる。

テソンは、ジュンギにナミには絶対に秘密にするよう念を押す。
真相が明らかになり震えと涙が止まらないビナ。

離婚届けを渡し家を出ようとするビナをとめるジュンギ。
一方、ピルスンは、ソンウクの事故現場で重要な証拠を発見するが…。

ゆきママ
ゆきママ
ジュンギは本当にビナの事を愛してるのかな?
あんな重要は嘘つかれてそれでも離婚しないだ。

黄金庭園-34話~36話の感想

ナンスクとビナがだんだん追いつめられていくから、二人が企むこともエスカレートしていく。
ドンジュがドンジュじゃなくなっちゃうなんて本当にありえない。

なんかちゃんと証明できるものが見つかればいいけど。
自分の事を棚に上げてよくもあんな強気になれるもんだよ!

ジュンギもバカなんだから( `ー´)ノ
ビナは離婚する気はないし、ジュンギが引き止めることも想定内なのに…。

黄金庭園-あらすじ感想全話一覧

黄金庭園のあらすじ感想をまとめて、評価もしています♪
もし良かったら参考にしてみてください。

黄金庭園の感想まとめと評価はこちら