世界的スターのイ・ジュンギと人気歌手IUが初共演で話題の時代劇!

目を覚ましたら、そこは高麗時代だった!
8人のイケメン皇帝たちに胸キュンが止まらないラブロマンス時代劇!

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(16話~18話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~の相関図・キャスト情報はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ16話

第3代皇帝の定宗の次の狙いは、第10皇子のウンと夫人スンドクだった。
スンドクは、定宗を信じ皇宮を去ろうとしない。

 

そんなスンドクを見捨てて自分だけ逃げられないと躊躇するウン。
その隙に皇軍が押し寄せて危険な状態に。

 

ウンをかばってスンドクが息を引き取る。
その姿を見て激怒したウンは、定宗に矢を放つが…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ17話

ワン・ソは、皇帝になる決意をする。
ヘ・スは、そんな彼に兄弟を殺さないでほしいと要求するのだった。

 

定宗の勢力は次第に弱まりつつあった。
一方、皇后ファンボ氏は、ヨンファが天下を掴むために、ウクを捨てる決意をする。

 

そんな中、定宗が遺言を書いている途中、突然心臓麻痺で他界する。
遺言を書いた紙を、一番最初に手にしたヘ・スは…。

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ18話

第4皇帝の光宗となったワン・ソ。
皇后の座を狙うヨンファだった。

 

後ろ盾のないヘ・スよりも、ヨンファがふさわしいと豪族たちも判断する。
しかし、ヘ・スも諦めきれなかった。

 

ジモンは、強情なヘ・スを説得する。
自分のせいで、光宗の身に危険を及ぶのであればと、思い悩むへ・スだった。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-16話~18話の感想

こんなに愛し合っている二人なのに、一緒になることを許されないなんて。
ヘ・スもこんだけ待ったんだもん。

 

諦めきれないよね。
皇帝になったらなったで色々と複雑な問題も出てくるのね。

 

ジモンの気持ちも痛いほどわかる!
どんな思いでへ・スに訴えたかと思うと胸が痛い…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-次回のあらすじ

チェリョンは激しい拷問を受け死亡する。
光宗が、ヘ・スをだましたとチェリョンの拷問を命じ…

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~のあらすじ(19話~20話(最終回))はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-全話一覧

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ全話一覧はこちら