世界的スターのイ・ジュンギと人気歌手IUが初共演で話題の時代劇!

目を覚ましたら、そこは高麗時代だった!
8人のイケメン皇帝たちに胸キュンが止まらないラブロマンス時代劇!

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~の相関図・キャスト情報はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ10話

強引にワン・ソに唇を奪われるヘ・ス。
ワン・ソは、震えるヘ・スを馬にのせ、皇宮を後にする。

 

宮女であるへ・スが皇宮をでれば厳しく罰せられてしまう。
不安でたまらないウク。

 

ワン・ソは、ヘ・スを海辺に連れていき、本心を告白する。
大事な髪飾りを送られたへ・スは、戸惑うが…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ11話

宴会で毒盛りが行われることを知ったワン・ソ。
ヘ・スを守るために毒入りの茶を飲み干す。

 

吐血したワン・ソは、へ・スの目の前で倒れる。
一方、残りの茶にも毒が盛られていて、それを飲んだヨンファが倒れる。

 

ワン・ソは瀕死の状態だった。
そんな中、ヘ・スは毒を盛った犯人として捕らえられてしまう。

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ12話

ヘ・スを茶美員に置く条件で、後晋に向かうワン・ソ。
ワン・ソと約束したにも関わらず、太祖はヘ・スを別の場所に連れていく。

 

ワン・ソは、戻るまで待っていてほしいとへ・スに告白。
しかし、ヘ・スは、ワン・ソの気持ちを拒絶する。

 

これ以上自分のせいで、ワン・ソを苦しめたくなかったのだ。
一方、ヘ・スを見守ることしかできないワン・ウクは…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-10話~12話の感想

切ない恋模様だね~。
相手の事を想い過ぎての悲しい結果。

 

誰のせいでもないのに悲しすぎる。
へ・スは皇子たちをがいない場所に行くことで、逆に肩の荷が下りるのかな?

 

ワン・ウクはもうあきらめてるのかも。
ヘ・スとワン・ソの絆が強すぎるもんな。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-次回のあらすじ

宴会で、後百済の王女ウヒに命を狙われる太祖。
それに気づいたペクアが阻止するも間に合わず…

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~のあらすじ(13話~15話)はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-全話一覧

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ全話一覧はこちら