リターン

韓国ドラマ・リターン-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


イ・ジヌクのドラマ復帰作!コ・ヒョンジョンと共演で話題に♪

上流階級に潜むスキャンダル事件。
元不良の刑事とテレビ番組の司会を務める弁護士がタックを組み、事件を暴いていくサスペンス!

「リターン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「リターン」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

リターンの相関図・キャスト情報はこちら

リターン-あらすじ10話

ジャへとナラは、テソクに会いに来ていた。
そこで、ミジョンとインホの話になるのだが、ナラのことを気遣って1人外に出すジャへ。

 

その後、ジャへはテソクと2人になり、ミジョンの話を続ける。
ナラは近所の人に、事件当日の話を聞きに行くが、何も情報を得ることができなかった。

 

一方、ゴヨンはドンべの机の中を漁っていた。
その行動を見て同僚が心配していると、上司が現れる。

 

一番近くにいたのに、居場所も連絡先も知らないゴヨンが責められてしまう。

リターン-あらすじ11話

ゴヨンはタクシーに乗り、後ろにつけていた車を確認しながら運転手に指示をしていた。
その後、後ろの車を巻いて病院に向かう。

 

病院で、誰かにつけられていることに気づいたゴヨンは突き止めると、相手はジャへだった。
ゴヨンとジャへがここにいる理由を話そうとしたとき、ナラから電話がある。

 

ナラはミジョンが働いていたバーに来ていて、話を聞きに行くことをジャへに伝えるが…

 

リターン-あらすじ12話

ゴヨンは、ジュニの病室の写真が送られてきて、確認する。
その後、警察に出勤すると知らない男が中に入っていた。

 

他の刑事たちは、外部の人間が勝手に歩き回っていることで、強い注意はできずずにいたが…
ゴヨンは、自分の資料を勝手に見られていることに腹を立て怒鳴る。

 

ゴヨンが注意をしていると、上司が現れて犯人は先輩だと判明するのだった。

 

一方、車屋の先輩に脅されていたハクボムは、テソクと車の中で話をしていた。
その後、ジュニに会いに行こうと病院に向かうが、面会できずイライラして…

リターン-10話~12話の感想

ナラは、インホのために情報収集しているけど、なんだか他に目的があるような気もしてきた。

ゴヨンはドンべを見つけれずイライラしていたけど、みんなが言うように一番近くにいた人が見つけれなかったらどうしようもないよね。

 

ハクボムとテソクは一度殺人を起こしたし、次もなんの恐れも感じていないような…。
慣れてきたら注意深さも薄れてくるから、そろそろボロが出るかもね。

 

そこを狙っているジャへは、射撃も上手くてできないことはないみたい!
なんでもできて、弱点がない女性は憧れるけど、男性からみたら近づきにくいのかなw

リターン-次回のあらすじ

ヨンビョンのせいで牢屋にいたテソクは、ここから出る方法を考えていた。
どうにか牢屋から出たテソクたちは…

リターンのあらすじ(13話~15話)はこちら

リターン-全話一覧

リターン-あらすじ全話一覧はこちら