最高のチキン

韓国ドラ・最高のチキン(10話~12話最終回)のあらすじ感想【3人の運命は?】


『アイムソーリー カンナムグ』で高い演技力を見せたパク・ソンホが主演!

自分のチキン店を開くことを夢に見る大企業の社員。
ウェブ漫画家志望の女性と出会い成長していくストーリー!

「最高のチキン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「最高のチキン」(10話~12話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

最高のチキンの相関図・キャスト情報はこちら

最高のチキン-あらすじ10話

チェゴからの突然の告白に驚くボア。
戸惑いつつも、自分もチェゴを好きだと伝える。

これまで店を潰すために協力してもらった友人たちには、チェゴとの関係を打ち明けづらく、しばらくは内緒にすることにしたボア。

しかし、チェゴとのデートを目撃され、結局ミナにも知られてしまい2人の友情は危機を迎えてしまう。
そんな中、ボアの祖父は倒れてしまい…

最高のチキン-あらすじ11話

唯一の家族だった祖父の突然の死に、悲しみに暮れるボア。
そんな中、葬儀場に一人の男性がやってくる。
それはボアの実の父、ゴンチョルだった。

ボアの祖父が遺産をすべてボアに相続させるという遺言を残していたことを知り、苛立ちの表情を見せるゴンチョル。
ゴンチョルは自分が新しいオーナーだと主張し、家賃を上げると言い出し…

 

最高のチキン-あらすじ12話(最終回)

ゴンチョルが周辺一帯の再開発を住民たちに呼びかけていることを知り、怒りがこみ上げるボア。

ショッピングモールやマンションの建設を推し進めようとするゴンチョルに反対するボア。
チェゴやアンドリューたちと一緒に街を守ろうと動き出す。

チェゴの店も繁盛し、商店街も賑わいを取り戻し始めたなか、アンドリューは近所に新たなレストランを開店する決心をする。
そして、ボアは再び絵を描き始めるのだが…

最高のチキン-10話~12話(最終回)の感想

まさかおじいちゃんが亡くなってしまうなんて…
ちょっとショックだったな(>_<)

そして、金儲けを企む父ゴンチョルの登場で最後はヒヤヒヤする展開だったけど、また街の住人たちの気持ちも一つになって、結果的には賑わいを取り戻すことができて良かったよね(*´▽`*)

大企業を辞めて夢をかなえたチェゴ、トラウマを克服したアンドリュー、そして再び夢に向かって挑戦をはじめたボア☆
3人の姿に元気をもらえました(*^^*)

最高のチキン-全話一覧

最高のチキン-あらすじ全話一覧はこちら