世界で一番可愛い私の娘

韓ドラ・世界で一番可愛い私の娘(91話~93話)のあらすじ感想【余命宣告】


視聴率30%越えの大ヒット!キムヘスクが母親を演じるホームドラマ。

強い母親と個性的な3姉妹!
苦労しながらも必死に生きている家族を描いた、笑いと感動が溢れる親子の物語。

「世界で一番可愛い私の娘」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「世界で一番可愛い私の娘」(91話~93話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

世界で一番可愛い私の娘の相関図・キャスト情報はこちら

世界で一番可愛い私の娘-前回までのあらすじと感想

ソンジャの体調は悪化していき、医師からは精密検査を勧められる。

一方、ウジンに寂しさを訴えるミヘ。
しかし、ウジンの態度は冷たく、ミヘの不満は募るばかりだった。

会社に復帰したミリはジョンスにある取引を持ち掛けるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ミヘはソンジャとあれだけのバトルを繰り広げてウジンと付き合うことになったのに、いざ付き合ってみたらあんまりうまくいっていないようで…なんだか心配になっちゃう(*_*;

世界で一番可愛い私の娘-あらすじ91話

ジョンスのもとに向かったミリ。
ミリは怒鳴り声をあげるジョンスに怯むことなく、反対にインスクへの謝罪を要求するのだった。

どうにかしてテジュをジョンスから自由にしてあげたいと願うミリ。
それはインスクも同じ思いだった。

一方、ソンジャは精密検査の結果を聞くため病院を訪れていた。
医師から末期の肺がんであると告知をうけるソンジャ。

ショックのあまりソンジャは言葉を失ってしまい…

ゆきママ
ゆきママ
ソンジャの咳の原因がまさか肺がんだったなんて…しかも末期…もっと早く気づくことはできなかったのかなー(/_;)

世界で一番可愛い私の娘-あらすじ92話

予想外の余命宣告に、現実を受け入れきれないソンジャ。
自宅に帰る気になれず、あてもなく街を歩き回っていた。

一方、テジュを自宅に呼び出したジョンスは自身の負けを認め、テジュにミリと一緒に家に戻ってくるよう説得する。

そんな中、ソンジャは娘たち家族を呼び集め、一緒にキムチを漬けることに。
しかし、ソンジャは家族に自身の病を打ち明けられず…

ゆきママ
ゆきママ
家族を見つめるソンジャの表情が切なかった…ソンジャは自分の病気のことをいつ打ち明けるんだろう…?ずっと黙っているわけにはいかないよね(>_<)

世界で一番可愛い私の娘-あらすじ93話

自分に残された時間がわずかであると感じたソンジャ。
自分がいなくなったあとのことを考え、身の回りの物の処分を始めることに。

さらにソンジャはジェボムを呼び出し、ミヘのことを忘れるよう話す。
そして、もうここへは来るなと告げるのだった。

その後、ソンジャはウジンを訪ねていき、ミヘのことを頼むと伝えて去っていく。

ソンジャのようすがいつもと違うことに家族は疑問を感じるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
余命宣告を受けて終活を始めるソンジャだけど、家族はまさかソンジャが末期の癌だなんて思いもしないだろうな(*_*;

世界で一番可愛い私の娘-91話~93話の感想

ソンジャが末期の肺がんであることが判明!!
これはショックー(>_<)

これからミリとテジュのところには赤ちゃんも生まれるし、まだまだ長生きしなきゃって本人も思っていた矢先に余命宣告を受けることになるなんて…

家族にも打ち明けられず、一人で身の回りの整理をするソンジャの姿が切なくて泣きそうになってしまった(/_;)

奇跡が起きてソンジャには長生きしてほしい!!

世界で一番可愛い私の娘-全話一覧

世界で一番可愛い私の娘-あらすじ全話一覧はこちら