小さな神の子どもたち

韓国ドラマ・パンドラ~小さな神の子どもたち-あらすじと感想!最終回まで(4話~6話)


「モンスター」のカン・ジファンと「剣と花」のキム・オクビンが主演!

IQ167の男性刑事と不思議な力をもつ女性刑事。
真逆の二人が出会い、巨大組織の悪だくみを解決していくサスペンスドラマ!

「パンドラ 小さな神の子どもたち」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「パンドラ 小さな神の子どもたち」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

パンドラ 小さな神の子どもたちの相関図・キャスト情報はこちら

パンドラ 小さな神の子どもたち-あらすじ4話

ジェインは、連続殺人魔のサングを探すため、2年の歳月を費やす。
そんな中、目の前で犯人が死ぬのを目撃する。

 

ジェインは、挫折し途方に暮れる。
ジェインは再び立ち上がり、本格的に捜査を始める。

 

サングが妹を殺した理由について調べる。
一方、捜査するために向かった死まで、不可解な事件が起こり…。

パンドラ 小さな神の子どもたち-あらすじ5話

孤立した島で発見された、謎の変死体。
島にいるすべての人が容疑者になる。

 

ジェインとダンは、この不思議な事件の全貌を解明でいるのか?
一方、失踪した少女の行方を追っていたダン。

 

ダンを襲ったフラッシュバック。
それから、失ってきた過去の記憶がよみがえり始め…。

 

パンドラ 小さな神の子どもたち-あらすじ6話

静かな島の醜い秘密が明らかに。
天才的なダンに、絶体絶命の危機が訪れる。

 

ダンとジェインは、無事に島を脱出することはできるのか?
一方、殺害されたジェインの妹が24年前の事件を捜査していたことがわかる。

 

24年前の集団死の生存者を発見する。
24年間開かれることのなかったパンドラの箱がついにオープン。

パンドラ 小さな神の子どもたち-4話~6話の感想

ハラハラドキドキで、あっという間に時間が過ぎちゃう!
ちょっと残酷な場面も多いけど、すごいスリル感じちゃうな~。

 

ダンの能力すごいなぁ。
施設で起きた連続殺人事件。
子供たちが犠牲者だなんて、心が痛すぎます。

 

生存者がいたとしても、あんな大惨事を目の当たりにしたら正常ではいられないはず…。

パンドラ 小さな神の子どもたち-次回のあらすじ

すごいタイミングでハミンが配属されてくる。
ジェインは、ハミン刑事の背後に大きな勢力があることを確信して…

パンドラ 小さな神の子どもたちのあらすじ(7話~9話)はこちら

パンドラ 小さな神の子どもたち-全話一覧

パンドラ 小さな神の子どもたち-あらすじ全話一覧はこちら