椿咲く頃

韓ドラ・椿咲く頃(10話~12話)のあらすじ感想【事件の証人】

コン・ヒョジン&カン・ハヌルが初共演!

「愛があれば何でもできる!」と信じる警官ヨンシクと周囲からの偏見に心を閉ざしてしまったシングルマザー、ドンベクが繰り広げる心弾むロマンス♡

「椿咲く頃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「椿咲く頃」(10~12話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

椿咲く頃-前回までのあらすじと感想

住人たちからのからかいに困惑するドンベクのために、ドンベクが自分を口説いているのではなく、自分がドンベクを口説いているのだと宣言するヨンシク。

しかし、ドンベクはヨンシクの行動にさらに困惑してしまうのだった。

一方、ジャヨンは夫ギュテの行動を怪しみ…

ゆきママ
ゆきママ
ジャヨンから夫との仲を疑われているドンベクはまた憎まれることになちゃいそう…(*_*)

椿咲く頃-あらすじ10話

ドンベクを夫ギュテの不倫相手だと疑っているジャヨン。
ジャヨンは契約が切れるからと3ヶ月以内に店を立ち退くよう迫る。

一方、ジョンリョルの妻ジェシカは、夫がオンサンで交通違反を起こしていたことを不審に感じていた。

ヨンシクはピョン所長から連続殺人事件についての秘密資料を手渡される。
それを読んだヨンシクはドンベクが事件当時、その現場にいたことを知って衝撃を受ける。

そんな中、ヨンシクはドンベクのあとをつける怪しい人物を見つけて…

ゆきママ
ゆきママ
ドンベクの後をつけていたのは一体だれなんだろうー?!次回その顔を見られるかも!!

椿咲く頃-あらすじ11話

ヨンシクがドンベクの自宅付近で捕らえた人物は初老の女性だった。
職務質問をする中で、その女性が認知症を患っていることに気づくヨンシク。

携帯電話の連絡先のなかに「カメリア」の電話番号が登録されていることを知ったヨンシクはドンベクに連絡し、知り合いか聞くことに。

派出所にやって来たドンベクは、7歳のときに自分をを捨てた母親が目の前にいることに衝撃を受け…

ゆきママ
ゆきママ
栄養剤を飲んでいた人物はドンベクを捨てた母親だったのねー( ゚Д゚)7歳のときにドンベクを捨てたのに今さら現れた理由は?!しかも認知症になっているし…

 

椿咲く頃-あらすじ12話

母ジョンスクを家に連れて帰るドンベク。
自分のことを社長と呼び、家事をしたから給料をくれとせがむジョンスクを見てドンベクは複雑な心境に陥ってしまう。

そんな中、カメリアにやって来たギュテは酔ってドンベクに絡み始め、手を握ってくる。

そこへやって来たヨンシクは、ドンベクの手を握るギュテに激高し…

ゆきママ
ゆきママ
ドンベクはヨンシクにかなり心を開いているように見える!ヨンシクの豪華な誕生日プレゼント作戦が功を奏したのかなぁー( ´艸`)

椿咲く頃-10話~12話の感想

ドンベクは殺人事件が起こった現場に居合わせたことで犯人から狙われているってことみたい!

下手したらその時にドンベクも殺されていたかと思うと怖すぎる((+_+))

逃亡した犯人はもちろん気になるけど、その時ドンベクを助けようとした人物もいるのかなって気になった!

ますます先が気になる展開になってきたー(*^^*)

椿咲く頃-全話一覧

椿の花が咲く頃(椿咲く頃)のあらすじ感想全話一覧