椿咲く頃

韓ドラ・椿咲く頃(31話~33話)のあらすじ感想【犯人のモンタージュ】

コン・ヒョジン&カン・ハヌルが初共演!

「愛があれば何でもできる!」と信じる警官ヨンシクと周囲からの偏見に心を閉ざしてしまったシングルマザー、ドンベクが繰り広げる心弾むロマンス♡

「椿咲く頃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「椿咲く頃」(31話~33話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

椿咲く頃-前回までのあらすじと感想

ジョンスクが突然自分の前に現れた理由が腎臓移植のためだったと思い込んでしまうドンベク。
ドンベクは自分が子供の頃に捨てられて時と同じようにしてジョンスクを店に置き去りにしてしまう。

ヨンシクに説得されて店にジョンスクを迎えに向かったが、もうすでにジョンスクの姿はなかった。

その後、ジョンスクの娘だという人物がドンベクのもとにやってくる。
ドンベクはジョンスクが自分に会いに来た本当の理由を知ることになり…

ゆきママ
ゆきママ
ジョンスクは無事なんでしょうか?!親子が再会して誤解が解けたらいいな~

椿咲く頃-あらすじ31話

中国に遠征の前日、なかなか寝付けないピルグ。
翌朝、出発の直前になってもお腹が痛いと言って騒ぐのだった。
チャンスクに分離不安症ではないかと指摘され、心配になるドンベク。

ピルグを送り出した後、ドンベクは熱を出してしまう。
眠るドンベクを起こさないようにそっと看病するヨンシク。

その頃、ある病院ではジョンスクがベッドに横たわっていた。
早く保護者を見つけないとと話す医師たち。

一方、ジェシカの母は、昨晩ジェシカが言っていた話を詳しく聞き出そうとするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ジェシカがヒャンミをはねたとき、ヒャンミはまだ生きていた!しかもギュテと会ってる!!

椿咲く頃-あらすじ32話

翌朝、ドンベクの家から出たヨンシクは車の上に緑色のライターが置かれているのを発見する。

一人目を覚ましたドンベクのもとには、カメリアのスクーターを預かっているという電話がかかってくる。
ヒャンミが置いて行ったのだと思い、スクーターを引き取りに向かったドンベク。

しかし、そこはすでに閉鎖されているショッピングモールの地下だった。
スクーターを見つけ、そこに張られているメモを読んだドンベクは震えあがり、次の瞬間、止められていた車の中から怪しい人物が出てきて…

ゆきママ
ゆきママ
車から出てきた人物の顔を見たと言っていたけど…誰だったんだろう?!犯人を殺してやると言っていたドンベクの変化にビックリ( ゚Д゚)

 

椿咲く頃-あらすじ33話

ヒャンミの遺留品を確認し、号泣するドンベク。

ヒャンミが殺害され、ドンベクが犯人に狙われていることを信じ始めたオンサン市場の女たちは、ドンベクを守ろうと協力し始める。
不器用な市場の女たちの励ましに涙を流すドンベク。

その頃、ジョンスクは警察で犯人のを知っていると訴えていた。
しかし、刑事たちからはまともに取り合ってもらえない。

一方、ジョンリョルはジェシカと彼女の母に離婚すると告げ…

ゆきママ
ゆきママ
オンサン市場の女たちによる「オンベンジャーズ」が可笑しかった( ´艸`)口は悪いけどドンベクを守ろうっていう気持ちはちゃんと伝わった☆

椿咲く頃-31話~33話の感想

湖で見つかった遺体はヒャンミだとハッキリと判明!

ジェシカにはねられたときはまだ生きていたし、ジェシカもギュテもヒャンミを殺していない…
出前を注文したのは誰だったのか…?!
フンシクか、フンシクの父親か?

そして、ジェシカに離婚を切り出したジョンリョル!
ピルグを引き取りたいというジョンリョルに、そうしろというジェシカの真意は?!

クライマックスに突入してきて、ますます目が離せない展開になりそう!

椿咲く頃-全話一覧

椿の花が咲く頃(椿咲く頃)のあらすじ感想全話一覧