チェオクの剣

韓国ドラマ・チェオクの剣-あらすじと感想!最終回まで(1話~3話)


視聴率30%越え!朝鮮王朝でハ・ジウォンが女刑事を演じる!

舞台は17世紀の朝鮮王朝!
女刑事がヒロインの愛と革命を掲げるアクション時代劇!

「チェオクの剣」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チェオクの剣」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チェオクの剣の相関図・キャスト情報はこちら

チェオクの剣-あらすじ1話

朝鮮王朝時代に、警察の役目を行っていた左捕盗庁(チャポドチョン)。
ファンボ・ユンは左捕盗庁の従事官として職務を全うしていた。

 

一方、 左捕盗庁で茶母(タモ)としてお茶くみなどの雑用係をしているチェオク。
武術に優れたチェオクは、秘密裏に事件を捜査する裏の顔を持っていた。

 

幼い頃から惹かれ合っていたユンとチェオク。
お互いの気持ちは伝えられないが信頼は厚かった。

 

そんな中、偽造小判が町に出回る事件が発生。
左捕盗庁の捜査開始と同時にチェオクの出番がやってきた。

チェオクの剣-あらすじ2話

捜査のために渡された偽小判を持ち、男装したチェオク。
聞き込み中にうっかりと偽小判を盗まれてしまう。

 

泥棒を追いかけて市場にやってきたチェオク。
道中で偶然知り合ったソンベクも、一緒にやってきた。

 

泥棒チュクチの家を突き止めたチェオクとソンベク。
思いがけず、男たちに襲われたチェオクをソンベクが助ける。

 

チェオクはソンベクの武術の腕前に驚く。

 

チェオクの剣-あらすじ3話

偽造小判の潜入捜査をしていた者が、毒殺死体で発見される。
左捕盗庁は他の潜入捜査員全員に撤収を指示。

 

一方、チェオクは左捕盗庁の武官ペク・チュワンと捜査を続ける。
チェオクとチュワンは、兄妹と偽って行動する。
高価な高麗人参の買い手を探す、チェオクとチュワンであった。

 

そんな中、2人が宿泊している宿に、深夜忍び込む男の姿が…。

チェオクの剣-1話~3話の感想

ハ・ジウォン主演の「チェオクの剣」!!
秘密の女刑事として活躍するチェオクにピッタリ☆

 

ハ・ジウォンのアクションシーンも迫力満点!
男勝りのようでありながら、ユンとの口に出せないもどかしい恋心。

 

そそられるね~(σ*’v`*)σ(笑)

チェオクの剣-次回のあらすじ

チェオクの無謀な行動で、ユンに迷惑をかけた。
反省したチェオクは身分証を返し…

チェオクの剣のあらすじ(4話~6話)はこちら

チェオクの剣-全話一覧

チェオクの剣-あらすじ全話一覧はこちら