特別勤労監督官チョジャンプン

韓ドラ・特別勤労監督官チョジャンプン(13話~15話)のあらすじ感想【追い詰められたテス】


映画界でも活躍するキムドンウクが10キロ増量して出演するヒューマンコメディ!

体育教師だった男が短気でクビになり公務員に!
勤労監督員として社会のパワハラを罰していくヒューマンコメディドラマ!

「特別勤労監督官チョジャンプン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「特別勤労監督官チョジャンプン」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

特別勤労監督官チョジャンプンの相関図・キャスト情報はこちら

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ13話

ジャンプンは、ドハにいつまでテスの下で生きるのかと尋ねる。

一方、ジャンプンのせいで追いつめられたテスは激怒する。
下請け業者の社長を集め、暴力で圧迫し、取引を中断すると脅迫するテス。

また、内部告発者を探すように命令する。

そんな中、TSに特別勤労監督として派遣されるジャンプン。
その事を知ったテスは、重要な書類を破棄したり別の場所に移したりするが…。

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ14話

ビョンジンは、内部告発者を探しテスのもとを訪れる。
しかし、ウソだとビョンジンを追い返す。

ビョンジンは、テスの行動と自分が従業員にしてきた行動が同じだったことに気づく。
ジャンプンに従業員に対する謝罪の文書をメールで送り、自殺をするビョンジン。

ジャンプンは急いでビョンジンの家に向かう。
ビョンジンが自殺した噂は一瞬で広まり…。

 

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ15話

ジャンプンは、10年前に教えられなかったことを今回はしっかり教育するとテスに宣言する。
ドハに借りは必ず返すというテス。

ドハは、ビョンジンが生きている事やジャンプンの作戦に気づいていた。
ジャンプンが自信が求める段階まで上ってくることを待っているドハだった。

一方、トックはジャンプンの離婚理由を聞いて罪悪感を感じていた。
これ以上ジャンプンに迷惑をかけたくないトックは、ここまでにしようと提案するが…。

特別勤労監督官チョジャンプン-13話~15話の感想

本当にテスを育て直さないとダメだね。
どうしようもない悪党で人間じゃない。

財力があるからって人の痛みもわからないやつがトップに立っちゃだめだよ。
ビョンジンもようやく自分の悪い部分に気づくなんて。

なかなかこんな追いつめられた状況で気づけるなんてないけどね。
トックみたいな教え子がいるからジャンプンも頑張れるんだね(#^.^#)

特別勤労監督官チョジャンプン-次回のあらすじ

テスからジャンプンの事件の全貌を聞いたジラン検事。
ジランは、警察署にいるジャンプンに忠告して…

特別勤労監督官チョジャンプンのあらすじ(16話~18話)はこちら

特別勤労監督官チョジャンプン-全話一覧

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ全話一覧はこちら