特別勤労監督官チョジャンプン

韓ドラ・特別勤労監督官チョジャンプン(19話~21話)のあらすじ感想【ジャンプンの危機】


映画界でも活躍するキムドンウクが10キロ増量して出演するヒューマンコメディ!

体育教師だった男が短気でクビになり公務員に!
勤労監督員として社会のパワハラを罰していくヒューマンコメディドラマ!

「特別勤労監督官チョジャンプン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「特別勤労監督官チョジャンプン」(19話~21話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

特別勤労監督官チョジャンプンの相関図・キャスト情報はこちら

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ19話

ソラは、ドハにジャンプンを処理するよう指示する。
ドハの指示でテギルはジャンプンの車にわざと突っ込む。

血を流し車から降りてくるジャンプン。
テギルは車で待機させていた部下たちにジャンプンを襲撃させる。

そこへ、トックとペク部長がやって来て波乱を迎える。
警察がやってきてテギルたちは急いで撤収するが…。

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ20話

ミョンソングループ会長秘書のマルスクに接近しようとするトック。

戸惑うトックの前にマルスクがやってくる。。
一杯飲みに行こうと誘うトックに、カバンを差し出すマルスク。

マルスクの買い物に付き合わされその後お酒を飲むことになった二人。
トックの事が気に入ったマルスクは、積極的な態度を見せる。

自分について知ろうとするのは危険だとトックに忠告するマルスクだった。

 

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ21話

トックは、ソラとジャンプンの写真を一生懸命撮る。
記者たちに知らせ、ソラの行動は大きな話題を呼ぶことに。

ソラの報道ニュースを見て鼻で笑うテス。
一方、ドハとテギルはヤン議員に挨拶しに行く。

状況が思わしくないソラは、ドハやテギルに当たり散らす。
ジャンプンを処理するようテギルに脅迫するソラは…。

特別勤労監督官チョジャンプン-19話~21話の感想

ジャンプンもだんだん要領を得てってるね。
少しずつジャンプンが有利になってきてるもん。

テスと違ってドハが曲者だよな。
テスはほんと単純に悪だけど、頭脳を使えるテスは意外と手ごわい相手になるのかも。

ジマンとジャンプンのシーンもなんかいい。
ジャンプンのせいで気の休まることがないジマンの気持ちが痛いほどわかる(>_<)

特別勤労監督官チョジャンプン-次回のあらすじ

テギルとデハは、ミランがジャンプンが元妻である事に目をつける。
ジャンプンの娘の名前や携帯番号まで入手するテギルは…

特別勤労監督官チョジャンプンのあらすじ(22話~24話)はこちら

特別勤労監督官チョジャンプン-全話一覧

特別勤労監督官チョジャンプン-あらすじ全話一覧はこちら