波瀾万丈嫁バトル

韓国ドラマ・波瀾万丈嫁バトル-あらすじと感想!最終回まで(16話最終回)


最高視聴率17.5%のドラマ「ママ」で共演したムン・ジョンヒとチョン・ジュノが夫婦役で再び!

ヤクザのボスも、家では尻に敷かれる父親だった!?
裏社会をコミカルに描いた、笑いが溢れるヒューマンコメディ!

「波瀾万丈嫁バトル」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「波瀾万丈嫁バトル」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

波瀾万丈嫁バトルの相関図・キャスト情報はこちら

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ16話(最終回)

一時は倒れたペク会長。
意識が戻ったが、記憶喪失のフリをする。

 

ポン監督とオ女史の関係は、知らないフリをする。
オ女史に、どうしても側にいて欲しいと切実に願うからだ。

 

そんなペク監督を、オ女史は心配していた。
ところが、偶然ペク監督の芝居だと聞いてしまう。
オ女史は、ペク監督から離れようと決めるのだった。

 

一方、マンボク商店街の危機を聞いたテス。
相手がチュンシム派と聞いては、助けないわけにはいかない!

 

そんな中、ペク会長が仕事に復帰した。
留守中に、商店街の問題が大きくなっていた事を知る。

 

ペク会長は、商店街の代表と話をしようと誘い出す。
そして、商店街に不利益な念書を書かせようと言いくるめるが…

波瀾万丈嫁バトル-16話(最終回)の感想

ペク会長がオ女史に執着するのは、気持ち悪かった。
ポン監督と愛し合っているとハッキリ宣言されたのに。

 

惨めの上塗り。
そして、結局オ女史にも去られてしまったね。

 

やっぱりキボムでは、商店街の問題は解決できなかったね~。
まぁわかっていた結果だけど。

 

テスも参加して、燃えちゃってるよ!
ファイヤー!って感じですかw

 

しかし、ペク会長は穏便にそして内密に事を運ぼうとしてる。
敵ながら、アッパレな戦法!

 

タイトルから、もっと抗争事件とかのシーンが多いのかと思っていたんだ。
実際には「ファミリー」の部分のほうがクロースアップされていたね。

 

ヤクザでも、みんな家族は大切にしていることを表現したかったのかな。
笑えるシーンも結構あって、面白かった!

波瀾万丈嫁バトル-全話一覧

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ全話一覧はこちら