波瀾万丈嫁バトル

韓国ドラマ・波瀾万丈嫁バトル-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


最高視聴率17.5%のドラマ「ママ」で共演したムン・ジョンヒとチョン・ジュノが夫婦役で再び!

ヤクザのボスも、家では尻に敷かれる父親だった!?
裏社会をコミカルに描いた、笑いが溢れるヒューマンコメディ!

「波瀾万丈嫁バトル」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「波瀾万丈嫁バトル」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

波瀾万丈嫁バトルの相関図・キャスト情報はこちら

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ10話

キボムとドギョンが、一夜をともにしたと聞いたペク会長は激怒。
キボム名義の財産を封鎖する。

 

そんな中、キボムとテスが意外な人物と会う。
死んだとばかり思っていた、ソン代表だった。
ソン代表は、2人にお金を用意しろと言うが…。

 

一方、映画の公開オーディションは始まっていた。
ドギョンとウノクは、仲良く1次審査を通過。
2次審査に進むことになった。

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ11話

ペク会長に、ソン代表から連絡が入る。
ソン代表とソ刑事はグルだったのだ。
キボムとテスを監禁したソン代表は、身代金を要求してきた。

 

ソン代表に身代金を払ったペク会長。
無事に帰ってきた、キボムとテスに対する対応が極端に違う。

 

そんな中、ソ刑事がテスに録音レコーダーを聞かせる。
ペク会長とソン代表の会話を聞き、テスはショックを受ける。
ペク会長はキボムのために、テスを犠牲にしようとしていたのだ。

 

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ12話

ペク会長の本心を知ったテスは、今までの忠義心を振り返る。
ペク会長に裏切られた気分のテスは、ペク会長と袂を分かつ事に。

 

一方、ヒョンジのストーカーがソウルから追いかけてきた。
ちょうどその場にいたソンミンが、ストーカーを撃退する。

 

そして、テスも到着し…

波瀾万丈嫁バトル-10話~12話の感想

え~っ!ソン会長は生きていたの?!
ビックリ驚きだね。

 

しかも、お金の要求までされて。
キボムとテスは、大ピーンチ!

 

しかし、これがキッカケでテスはペク会長の本心を知ってしまった。
今まで忠誠を誓って、文字通り命がけで生きてきたテス。
ショックは大きいよね~。

波瀾万丈嫁バトル-次回のあらすじ

ソングから、家に怪しい人物が来ていたことを聞いたテス。
話を聞いたテスはピンと来て…

波瀾万丈嫁バトルのあらすじ(13話~15話)はこちら

波瀾万丈嫁バトル-全話一覧

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ全話一覧はこちら