パク・ウンビンとヨン・ウジンがW主演!

クールで冷静な男性判事と情熱的な女性判事。
真逆な二人が、裁判所を舞台に繰り広げる法廷ストーリー!

「イ判サ判(理判事判)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「イ判サ判(理判事判)」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

イ判サ判(理判事判)の相関図・キャスト情報はこちら

イ判サ判(理判事判)-あらすじ10話

ジョンジュは、ギョンホの面会に行く。
そしてハンジュンとの取引事実を訪ねるが、ギョンホは否定する。

 

その後ヨンフンが、ギョンホの心を乱す。

 

殺人を犯した兄の存在で、ジョンジュが苦しんでいること。
ジョンジュとハンジュンの関係を聞いたからだった。
再審請求をしようというヨンフンの言葉に、悩むギョンホは…。

イ判サ判(理判事判)-あらすじ11話

ギョンホは突然他界してしまう。
ジョンジュは、お墓の前で呆然としたまま立っている。

 

ハンジュンが現れ、頭を下げる。
そんなハンジュンに、ギョンホとの取引について追及するジョンジュ。

 

悲しみの中、ジョンジュは兄の汚名を晴らすために立ち上がる。
また、ギョンホの死に関しても、CCTV映像を確認し反論をするが…。

 

イ判サ判(理判事判)-あらすじ12話

ハンジュンが、真実を言えなかった理由は、ジョンジュの為だったのだ。
正当防衛だと言うわなければ、ジョンジュを殺すと脅迫されていたという。

 

この事件の裁判を、ウィヒョンが任される。
しかし、確実な証拠がない現状では、ジュヒョンが有利にたつ。

 

二審の判決で、ジュヒョンの正当防衛は認められないことに。
その後、スンボクが目を覚まし…。

イ判サ判(理判事判)-10話~12話の感想

まさかまさかのギョンホの死。
それはないでしょ~。
これから真実を明らかにしていこうとしていたのに…。

 

悔しくて死にきれないよね。
ジュヒョンが正当防衛なんてありえないでしょ!!

 

だれがジュヒョンに指示したのよ~。
黒幕は一体…。

 

ジョンジュだと、力不足じゃないかちょっと心配だけど。
早く真相を掴んで!

イ判サ判(理判事判)-次回のあらすじ

スンボクが入院している病院を訪れる、ジョンジュとウィヒョン。
その頃、外国にいたガヨンの父が帰国して…

イ判サ判(理判事判)のあらすじ(13話~15話)はこちら

イ判サ判(理判事判)-全話一覧

イ判サ判(理判事判)-あらすじ全話一覧はこちら