いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ10話

ヒョンジュンが、任期満了前に解任案を提案しようとしていることに、気づいたトクサン。
トクサンは、ヒョンジュンにそのことで警告する。

 

しかし、そんな警告にもヒョンジュンは知らん顔のままだ。

 

その頃、セウンは受賞したことで不審な行動をとる。
誕生の秘密を探るトクサンは、必死に真相を調べるが糸口が見えないままだった。

 

一方、インジョンとの思い出を振り返るユノは…

★いつも春の日-あらすじ11話

ハンギルを心配するミソン。
ミソンは再度、調査を進めるよう促すが、ハンギルは晴れない表情のままだ。

 

一方、また家出をしてしまったチョンシム。
チョンシムは、新しい職場で偶然ヘソンと出会う。

 

その頃、ハンギルはかかってきた電話を受けるが、その内容に驚いてしまって…

 

★いつも春の日-あらすじ12話

ヒョンジュンから、仕事上の責任を取るよう求められるユノ。
しかし、ユノはその状況が全く理解できていない。

 

一方、インジョンもユノに対して冷たい態度をとっていた。
そんなインジョンの態度にも、訳が分からず唖然とする。

 

その頃、ヒョンジュンはユノへの対抗心が芽生え、インジョンを巡って…

★いつも春の日-10話~12話の感想

インジョンを巡る、ヒョンジュンとユノの闘いが始まった~!
やっぱり三角関係になるよね(笑)

 

ヒョンジュンとユノは、性格が対照的♪
冷たい態度をとっているインジョンの気持ちが、簡単に変わるとは思えないけど…。

 

仕事でも接点があるから、これからどう展開していくんだろ?
ハンギルの行動も心配だ(>_<)

★いつも春の日-次回のあらすじ

ハンギルは、出生の秘密のことで頭を悩ませていた。
ミョンシクに、秘密を知られては困るが…

いつも春の日のあらすじ(13話~15話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら