いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(55話~57話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(55話~57話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ55話

家政婦に、大切にしていたカバンを捨てられてしまったジョンシム。
そのことで怒りをあらわにする様子を、傍にいたヘジャが気に掛ける。

 

一方、ある封書をミョンシクに手渡すハンギル。
しかし、誰かがその様子を目撃していて、二人の証拠が残ってしまう。

 

一方、インジョンとボヒョンが親子ではないと、ヒョンジュンへ明かすジュナ。
ヒョンジュンはそれを聞いて…。

★いつも春の日-あらすじ56話

周囲に沢な振る舞いを見せるジョンシム。
ミョンシクはそんな妻の変わりように、疑念を抱く。

 

しかし、セウンが謝罪する姿と過去の自分を、重ね合わせて切なくなるのだった。

 

その頃、インジョンを訪問するヒョンジュン。
ヒョンジュンは、ボヒョンの話題を口にする。

 

実の母親が、セウンであること知ったインジョンは…。

 

★いつも春の日-あらすじ57話

ミョンシクが贈賄事件に関与しているという話が持ち上がる。
そこで、ミソンの元を訪問し事件への関与を否定するミョンシク。

 

しかし、ミソンはミョンシクのことを快くは思っていなかった。

 

その頃、山の中にいたユノとセウン。
そこで取り残されてしまった2人は…。

★いつも春の日-55話~57話の感想

ジョンシムの態度が、あからさまに一変しちゃった。
どんな秘密があるんだろう?
ヘジャは分かないみたいだし…。

 

ミョンシクは賄賂事件で立場が危うくなりそう!

 

また、セウンがボヒョンの母親だなんてビックリ!
それを聞いて、インジョンはどんな気持ちだったんだろう?!

 

山の中で2人きりになった、セウンとユノのことも気になる(>_<)

★いつも春の日-次回のあらすじ

これまでの過ちが他の人にバレないかと、不安でしょうがないハンギル。
彼はお金が入っている袋を自分が見つけたと主張し…

いつも春の日のあらすじ(58話~60話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら