いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(58話~60話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(58話~60話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ58話

これまでの過ちが他の人にバレないかと、不安でしょうがないハンギル。
彼はお金が入っている袋を自分が見つけたと主張し、事件の収拾を図ろうとする。

 

その頃、トクサンの記憶は曖昧になってきていた。
その様子を見て、ハンギルとインジョンは不思議に思い始める。

 

そしてハンギルとトクサンは、激しい言い争いに発展してしまうが…。

★いつも春の日-あらすじ59話

賄賂事件に関与していないと主張する、ミョンシクのことを信頼するトクサン。
彼は同時に、この事件に関わった人物を見つけようとしていた。

 

一方、ボヒョンが失踪してしまう。
ボヒョンのことが心配でしょうがないミョンシク。
そして、家族があまりにボヒョンに無関心なので感情を抑えられずにいた。

 

その頃、ハンギルは容体が変わりゆくトクサンの様子を、注視していたが…。

 

★いつも春の日-あらすじ60話

ユノの態度が変わったことを、インジョンは不安に思う。

 

一方、ムンシクはハンギルと面会していた。
そこで、彼はトクサンの弱みが何なのか探り当てる。

 

そんな中、家族たちの前からトクサンが失踪してしまう。
道で迷子になったトクサンは、危機一髪で事故を免れる。

★いつも春の日-58話~60話の感想

賄賂事件が急に起こったー!
確かにハンギルとミョンシクが、お金をやり取りするシーンがあった。

 

でも、ミョンシクは関与を否定しているし…。
この事件の真相はいつ分かるんだろう?

 

さらには、トクサンが急に失踪するアクシデント。
危機一髪で助かったのでホッとした〜。

 

一人で外出させられない状態にまで容体が悪化しているのかなぁ…。
トクサンの心身状態が心配だわ。

 

また、ユノとインジョンの関係も気になるところ。
ユノの態度が明らかに今までと違うし。繊細なインジョンにはどう見えたんだろう(>_<)

★いつも春の日-次回のあらすじ

ミョンシクは、インジョンから思わぬ話を耳にする。
トクサンが認知症だと聞き、驚きを隠せないミョンシクは…

いつも春の日のあらすじ(61話~63話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら