いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(61話~63話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(61話~63話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ61話

ミョンシクは、インジョンから思わぬ話を耳にする。
トクサンが認知症だと聞き、驚きを隠せないミョンシク。
そして、日増しに認知症が進行していくトクサン。

 

その頃、当の本人は一人で外出していた。
そんな中、ミョンシクは路上で徘徊しているトクサンを見かけるが…。

★いつも春の日-あらすじ62話

インジョンの元を訪問するセウン。
彼女は自分の立場を守り通すことで、精一杯だった。
そこでセウンは、ジュナにハンギルの弱みを探るように伝える。

 

一方、ジュナはある書類を手に入れていた。
その書類に、セウンは動揺してしまい…。

 

★いつも春の日-あらすじ63話

どうして私を養子へ出さなかったの?と言い放つセウン。
涙を流して訴えるセウンの言葉に、ジョンシムは不快になる。
更にはセウンの頬を叩いてしまう。

 

そんな中、セウンは誰かが自分の方へ、接近しているように感じる。
危うく交通事故に遭うところだったが、間一髪で免れる。

★いつも春の日-61話~63話の感想

トクサンの認知症が相当悪いみたいだね…。
彼を取り巻く人たちも大変だー!
このことが賄賂事件や後継者問題に影響するのかな?!

 

そして、セウンが強気に後継者争いを続けてる。
セウンはインジョンを牽制しようとしてるけど、どこまで頑張れるかな(>_<)

 

ジョンシムとジュナがどんな態度をとってくるのかも気になる。
お金や権力の問題になると、欲深さが行動に表れるなぁ…。

★いつも春の日-次回のあらすじ

一人だけで、ボヒョンの元を訪れるセウン。
そこでセウンは、インジョンと話がしたいと申し出て…

いつも春の日のあらすじ(64話~66話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら