自白

韓ドラ・自白(10話~12話)のあらすじ感想【ドヒョンの決断】


2PMジュノが強い芯を持った弁護士を熱演する法廷ストーリー!

一度でも判決が確定した事件は扱うことができない「一事不再理の原則」。
そこに隠されている真実に迫っていく法廷捜査ドラマ。

「自白」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「自白」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

自白の相関図・キャスト情報はこちら

自白-あらすじ10話

ヨサに息子ソヌのカメラを渡すチュノ。
ソヌのカメラがキタクの家から発見されたことを知り、ヨサは大きな衝撃をうける。

キタクを捕まえるため悪戦苦闘するドヒョンとチュノ。
逃亡中に帰宅は何者かに襲撃される。

一方、危険な選択を決断しようとするドヒョン。
10年前の父ピルスの事件に近づくためだった。

自白-あらすじ11話

ドヒョンとチュノは、ファン秘書を訪ねる。
背後にいる人物たちを捜査線上のあげようとする。

しかし、これ以上事実が明らかになることを阻止したいお会長の手が回る。
オ会長は、どんな手段を使ってでも裁判を終わらせようとする。

一方、要注意人物になったファン秘書は、オ会長が指示した場所に身を隠す。
そんなファン秘書が、何者かに襲われ意識を失う。

 

自白-あらすじ12話

ユリの父ミョンスの死の全貌を知ったドヒョンとユリ。
お互いの気持ちが手に取るようにわかり、むしろ気まずくなる二人。

気持ちの整理をする間もなく、キタクの公判が行われる。
10年前の事件はまだ完結していなかったのだ。

一方、ジェニソンという女性がドヒョンを訪ねてくる。
彼女の登場でこの巨大事件の分岐点を迎えようとしていた。

自白-10話~12話の感想

ジェニソンは、ドヒョンの協力者なの?
なんかちょっと怪しいけどな。

10年前の父と同じようにドヒョンが銃を持っているなんて。。
状況をみるとジェニソンを襲撃したのはドヒョンだけど真実が違うよね?

それで10年前の残りの事実はすべて聞けたのかな?
次の展開が気になる(*‘ω‘ *)

自白-次回のあらすじ

倒れているジェニソンに、銃を持っているドヒョン。
10年前のピルスと同じような光景に驚愕するチュノは…

自白のあらすじ(13話~15話)はこちら

自白-全話一覧

自白-あらすじ全話一覧はこちら