皇后の品格

皇后の品格(19話~21話)のあらすじ感想【濡れ衣を着せられたサニー】


序盤から視聴率は10%越え!主演はチャン・ナラとチェ・ジニョク!

ミュージカル女優が突然皇帝へお嫁にいくことに!?
架空の皇室を舞台に、愛・復讐・欲望を描いたロマンススリラードラマ!

「皇后の品格」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「皇后の品格」(19話~21話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

皇后の品格の相関図・キャスト情報はこちら

皇后の品格-あらすじ19話

ホンチーム長とベコの助けにより、検察から抜け出すことに成功したサニー。
ヒョクの執務室に仕掛けた盗聴器を回収するため、サニーは再び宮中に戻ることに。

サニーの窮地を救ったウビンだが、警護隊長にサニーを助けた姿を見られてしまう。
そんな中、太后とヒョクはサニーを指名手配する。

一方、ベコから自分が皇后に選ばれた理由を聞かされる。
その頃、宮中では太皇太后の遺言が発表されるのだが…

皇后の品格-あらすじ20話

サニーを犯人に仕立てようとする太后とユラの策略により、サニーの部屋から毒物が発見される。

そんな中、ガンヒは太皇太后が監査院に渡そうとしていた封筒を太后に渡し、アリ姫をヒョクの娘として認めてほしいと取引を持ちかける。

一方、家族との通話から警察に居場所を知られ逮捕されてしまったサニー。
記者に取り囲まれたサニーの前にホンチーム長が現れ、太皇太后殺人事件の真犯人は自分だと主張する。

その頃、ネット上にはヒョクの部屋に仕掛けられていた盗聴器の中身が公開され…

 

皇后の品格-あらすじ21話

国民からの好感度を上げるため、サニーを忘れられないふりをしてドキュメンタリーを撮影していたヒョクの前に突然サニーが現れる。

サニーは国民からの信頼回復のためには自分が必要だとヒョクに訴え、再び宮中に戻ることになる。

一方、サニーの予想外の行動に戸惑うヒョクと太后は新たな策を講じていた。

そんな中、アリ姫がヒョクの娘として正式に認められた。
ガンヒはアリ姫の実母としての立場を認められることになり…

皇后の品格-19話~21話の感想

今度はガンヒとユラのバトルが勃発!
そんな中、サニーをかばってくれたホンチーム長までもがいなくなってしまい…

サニーにとって辛く悲しい展開が続いた回でした(/_;)
太皇太后事件の真犯人も誰なのかますますわからなくなってきた!

みんな嘘をついているみたいに見えるし…
さらに目が離せなくなってきた~(*^^*)

皇后の品格-次回のあらすじ

ユンとの接触に成功したベコは、ユンからソヒョン皇后の日記を入手することができた。
その後、ベコをグンモの店に連れて行ったユンだが…

皇后の品格のあらすじ(22話~24話)はこちら

皇后の品格-全話一覧

皇后の品格-あらすじ全話一覧はこちら