お金の花

韓国ドラマ・お金の花(カネの花)-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


演技派のチャン・ヒョクとパク・セヨンが、2年ぶりの共演!

お金に飲み込まれ生きていることに、気づかない人々たち。
そんな人間の欲望を描いた愛憎劇。

「お金の花」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「お金の花」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

お金の花の相関図・キャスト情報はこちら

お金の花-あらすじ10話

モヒョンの病室に行き、モヒョンの手を握るマルラン。
そこへ、ハジョンがプチョンを追いかけて病室に入ってくる。

 

ピルジュは、ハジョンを連れて病室を出る。
そんな中、マルランはソウォンを呼び出し圧迫する。

 

マルランは、父親と同じことをしているプチョンに呆れていた。
ピルジュも、ハジョンを通して昔の自分を思い出すが…。

お金の花-あらすじ11話

ピルジュは、本当のピルジュの法事に向かう。
そこで、ピルジュと遭遇し、ピルジュの正体を疑問に思うモヒョン。

 

モヒョンは、法事が終わるまで待って、ピルジュと一緒に帰ろうとする。
その夜モヒョンは、ネックレスを拾った話をする。

 

また、プチョンのせいで苦しいという本心もピルジュに話す。
一方、ハジョンのいい父親になりたいプチョンは、マルランを説得するが…。

 

お金の花-あらすじ12話

ピルジュは、自分の前に現れたオ運転手に迫る。
マルランの運転手オギピョンは、プチョンの実父だと公表すると。

 

その秘密を知っているピルジュに、服従するしかないオ運転手。
オ運転手は、ウンチョンを始末したとマルランに嘘の報告をする。

 

その知らせに安心したマルランは、ウンチョンの葬式を出そうと言い出す。
一方、ピルジュの元を訪れたオ運転手は…。

お金の花-10話~12話の感想

マルランも、自分の事を棚に置いてひどい女だよ。
ソウォンに対してなんてこというんだ!!

 

確かに、ソウォンも腹黒いけど二人似た者同士じゃん。
プチョンの父親がオ運転手ってことは、チョンアグループと何の関係もないんだよね。

 

欲深いって恐ろしいね。
ピルジュの計画通りいかないときもあるんだね…!

お金の花-次回のあらすじ

ヨチョンは、プチョンの脅迫をする。
計画された政略結婚だったことをモヒョンに言うと…

お金の花のあらすじ(13話~15話)はこちら

お金の花-全話一覧

お金の花-あらすじ全話一覧はこちら