最後まで愛

韓ドラ・最後まで愛(100話~102話)のあらすじ感想【ジョンハンの罠】


ホン・スアの韓国ドラマ復帰作。欲望が溢れる悪女役を熱演する!

愛し合ってた男女二人が別れを選択してしまう。
それでも一生に一度の愛を貫き幸せを探し続ける、ドロドロ愛憎劇!

「最後まで愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「最後まで愛」(100話~102話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

最後まで愛の相関図・キャスト情報はこちら

最後まで愛-あらすじ100話

ヤマモトに騙されている事に気づいたセナ。
すべてジョンハンが仕掛けた罠であることに大きな怒りを感じるのだった。

YB買収問題で激怒するジョン会長に、セナはジョンハンの仕業だと告白。
ジョン会長の手が回らないよう、社内放送を利用して阻止するジョンハン。

一方、ジェヒョクは、セナに実母とソンイと共に逃亡するよう助言する。
しかし、セナの怒りはおさまらず復讐を企てるが…。

最後まで愛-あらすじ101話

セナは、ジョンハンを陥れるためにバビを利用しようと考える。
カヨンは、エミリーを通してセナがバビの連絡先を入手した事を知り驚愕する。

カヨンは、ペクチョルとセナがお互いに相手を疑い敵同士にしようと企てる。

裁判の日が近づく中、ジョン会長はドッペを保護していた。
ドッペは、セナとペクチョルの悪事を証言できる重要人物だからだ。

そんな中、カヨンの思惑通りセナはエミリに接近する。

 

最後まで愛-あらすじ102話

ペクチョルは、ドッペの隠れ家に向かう。
ジョンハンとカヨンの目の前で、ペクチョルとドッペが警察に逮捕される。

ジョン会長に実刑判決が下るのだった。
ヒョンギは、ジョンビンになぐさめてほしいとすがるのだった。

一方、セナは、自分の有罪を証明するペクチョルとドッペ逮捕の知らせを知り焦りを隠せない。
ソンイを連れて逃亡しようとするが…。

最後まで愛-100話~102話の感想

セナももうおしまいだね!
この手のドラマはみんなそうだけど最後の最後まで悪事を働くよ。

でも、さすがのセナももう打つ手がないよね。
カヨンの言う通り、ここまでこれたのは奇跡だわ。

だから別れようとした時に別れていればここまで大勢の人を巻き込むことはなかったね。
エミリが実母に会いにいけるように契約結婚の旦那のジョンハンがどうするのかな。

最後まで愛-次回のあらすじ

追い込まれたセナは、自分を責め途方に暮れる。
一方、カヨンとジョンハンの寄りが戻ることを期待するジェドンは…

最後まで愛のあらすじ(103話~104話(最終回))はこちら

最後まで愛-全話一覧

最後まで愛-あらすじ全話一覧はこちら