ホン・スアの韓国ドラマ復帰作。欲望が溢れる悪女役を熱演する!

愛し合ってた男女二人が別れを選択してしまう。
それでも一生に一度の愛を貫き幸せを探し続ける、ドロドロ愛憎劇!

「最後まで愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「最後まで愛」(67話~69話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

最後まで愛の相関図・キャスト情報はこちら

最後まで愛-あらすじ67話

ドゥヨンはジョンハンからメモリーカード奪う。
ドゥヨンとの揉み合いで怪我をしたジョンハンは、一足遅れてしまう。

 

ペク所長に刺されたドゥヨンは倒れ込んでしまう。
病院で緊急手術を受けるが、ドゥヨンはそのまま帰らぬ人に。

 

家族みんな悲しみ包まれる。
ジョンハンも、後悔と罪悪感に苦しむのだった。

最後まで愛-あらすじ68話

ドゥヨンの死でスチャンは少しおかしくなってしまう。
セナはその間にソンイを連れ戻しにいく。

 

一方、ペク所長は、ドッペを自殺に見せかけて殺す。
ドッペが遺書を書いて自殺したというニュースにみんな絶望感を感じるのだった。

 

しかし、ジョンハンは、いち早くその事件の裏にセナが関連している事に気づく。
そんな中、セルジュ化粧品に問題が発生し…。

 

最後まで愛-あらすじ69話

セナは、スチャンをセルジュ化粧品を解任させるために窮地に追い込む。
会社のお金を横領や認知症など不利になる情報を偽るのだった。

 

そして、理事会でスチャンの解任を提案するのだった。
カヨンはYB工場の売却問題でジェヒョクに会いに行く。

 

しかし、結果的に契約は破棄されてしまうのだった。
一方、泥酔したエミリーはジェヒョクの家を訪ねるが…。

最後まで愛-67話~69話の感想

結局ドッペも殺されちゃうんだ。。
人を一人殺すたびにセナはいくらお金を払っているのか気になる。。

 

可愛い顔してやってることはヤクザみたい。
会長の前では腰が低かったジェヒョクも、やりたい放題だね。

 

セルジュ化粧品も結局セナの思惑通りになっちゃうのかな。
ジョンハンが何とか助けてくれればいいんだけど…!

最後まで愛-次回のあらすじ

準備中

最後まで愛のあらすじ(70話~72話)はこちら

最後まで愛-全話一覧

最後まで愛-あらすじ全話一覧はこちら