推理の女王

韓国ドラマ・推理の女王-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話)


日本で大人気のクォン・サンウが熱血刑事役で話題の作品!

熱血刑事で肉体派と、推理マニア主婦の頭脳派が手を組み事件を解決!
名コンビが繰り広げるラブコメディ!

「推理の女王」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「推理の女王」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

推理の女王の相関図・キャスト情報はこちら

★推理の女王-あらすじ10話

パンツ窃盗事件捜査に、突入するワンスン。
警察署内でも、憎まれているような部署に配属されてしまう。

 

ジュノは、ワンスンのチームを選んで配属される。
ジュノの推薦を受けたソルオクは悩んだ末、「民間人専門家」として捜査に参加することになるが…

 

一方、プロファイラーソンハは最強の犯罪分析班を作り、パンツ窃盗事件を解決しようとする。

 

ドジャンは、ソルオクと関わりがあるお弁当屋に現れるのだった。
パンツ窃盗事件の犯人は、犯行を続けているようだが…

★推理の女王-あらすじ11話

ソルオクは、ソンハの特殊チームに入る。
しかし、事件捜査でソンハとぶつかりはじめ、ついにはチームから追い出されてしまう。

 

ワンスンのチームは、バラバラに各部署に配置され、捜査から外される。
それでも、ソルオクとワンスンは、パンツ窃盗事件を捜査し始める。

 

本格的に捜査を始めたソルオクたちは、チームを分けて潜伏捜査をすることに。
ワンスンは、ソルオクにそっとホイッスルのネックレスを渡すのだった。

 

ソルオク達は犯人を逮捕したが、ソンハが現れてソルオクを機密漏洩罪で逮捕しようとする。
一方、パンツ泥棒は殺人犯を見たが、泥棒がばれるのが怖くて言えなかったと告白する。

 

犯人は警察に偽装し、パトカーで犯行をするのだった…。

 

★推理の女王-あらすじ12話

パンツ泥棒の取調べで、殺人犯を推理するソルオクとワンスン。
容疑者を3人に絞り、取調べをし、犯人を見つけることが出来た。

 

犯人の偶発的な犯行を、有名な連続殺人事件に見せかけるため、細工していたのだった。

 

一方、本物の連続殺人鬼とソンハの過去が明らかに…
ソルオクもソンハも、連続殺人鬼を捕まえるため必死に捜査する。

 

被害者の友達が怖くなり、ソルオクに助けを求める。
ソルオクは、パトカーを行かせたが、その前に連続殺人鬼の偽パトカーが先に友達を乗せてしまう。

 

偽パトカーを見抜いて、犯人だと確信するソルオク。
一方、ソンハも犯人を見つけ、偽パトカーの前に銃を持って立ち塞がるのだった!

★推理の女王-10話~12話の感想

ソルオクとソンハの対立が、もどかしかった~!
どうして?何かあるの?と全てが怪しく思えた(;’∀’)!!

 

でも、ワンスンがソルオクに、ホイッスルのネックレスを渡すシーンを見てなぜか私がドキドキ!
ホイッスルのネックレスなんて!
しかも、ワンスンの渡し方がまたかわいい…♪

 

複雑なパンツ泥棒と、連続殺人の解決がようやく見えてきたけど、ソンハは大丈夫かな?

★推理の女王-次回のあらすじ

ソルオクとワンスンの活躍で、テープ連続殺人犯を捕まえた。
ソンハはようやく事件を終わらせて…

推理の女王のあらすじ(13話~15話)はこちら

推理の女王-全話一覧

推理の女王-あらすじ全話一覧はこちら