推理の女王

韓国ドラマ・推理の女王-あらすじと感想!最終回まで(4話~6話)


日本で大人気のクォン・サンウが熱血刑事役で話題の作品!

熱血刑事で肉体派と、推理マニア主婦の頭脳派が手を組み事件を解決!
名コンビが繰り広げるラブコメディ!

「推理の女王」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「推理の女王」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

推理の女王の相関図・キャスト情報はこちら

★推理の女王-あらすじ4話

自白した舅だが、ソルオクは真犯人を探そうと必死。
ソルオクに、友好的なベバンに交番の人たちのおかげで、なんとかワンスンの許可を得て舅を取り調べることに…

 

しかし大事なときに、ソルオクの姑と夫の邪魔が入る。

被害者の夫が登場するとソルオクは夫を疑うのだが…

 

一方、ワンスンとソルオクの関係を、誤解する小姑。
ワンスンに、猛アピールするジウォン。

 

それから、牢屋でジウォンを気苦労して求めるドジャンであった。

★推理の女王-あらすじ5話

ソルオクは、被害者の夫を犯人と目するが…
実際の死亡時刻で浮かび上がる真犯人は、舅であった。

 

真犯人を確認して、ショックを受けたソルオクは捜査介入を拒むようになる。

 

一方、ソルオクの遅い帰宅を心配するホチョル。
過去、ソルオクの両親は自殺したと判明したが、ソルオクはそれを信じてはいなかった。

 

ジウォンは、ワンスンとの婚約を無理やり進めようとする。
韓国最大の法律事務所ハ&チョンに庇ってもらっているドジャンを、手助けしているように見えるホチョルは…

 

★推理の女王-あらすじ6話

ワンスンは、ドジャンが単純窃盗になるのを防ぐために、ソルオクをおとりに殺人未遂を適用しようと計画する。
そのために、ワンスンはソルオクの気を引こうと必死だが…

 

ワンスンのせいで、事件から手を引いたと思ったジュノは、ワンスンのプライドを刺激する。

 

ソルオクの母親の親友だったギョンスクは、ソルオクの面倒を見るようになり、息子との結婚を渋々許している過去が…

 

そんな中、パンツ窃盗事件が発生する。
また、小姑の怪しい行動が始まるのだった。

 

一方、ホチョルはドジャンのことをソルオクに知られるのを恐れているようで、それにワンスンは気づくのであった。

★推理の女王-4話~6話の感想

どうしても、ソルオクの姑や小姑の意地悪に腹が立つ~!
しかし、階を重ねるにつれ、ただいじめてるのではないような気もしてきた。。

 

死んだ親友の娘の面倒を見るのも、どうしてだったんだろう?
ただ人が良かったから?わからないね~。

 

ワンスンとソルオクのいがみ合いも面白いけど、まだまだ謎だらけ!
ワンスンのパンツ盗難事件での表情は、さすが(-_-;)笑

★推理の女王-次回のあらすじ

ドジャンを殺人未遂容疑を問うため、ソルオクの助けが必要だった。
そのため、ワンスンはソルオクの機嫌を取るために、プライドまで捨ててしまい…

推理の女王のあらすじ(7話~9話)はこちら

推理の女王-全話一覧

推理の女王-あらすじ全話一覧はこちら