推理の女王

韓国ドラマ・推理の女王-あらすじと感想!最終回まで(7話~9話)


日本で大人気のクォン・サンウが熱血刑事役で話題の作品!

熱血刑事で肉体派と、推理マニア主婦の頭脳派が手を組み事件を解決!
名コンビが繰り広げるラブコメディ!

「推理の女王」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「推理の女王」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

推理の女王の相関図・キャスト情報はこちら

★推理の女王-あらすじ7話

ドジャンを殺人未遂容疑を問うため、ソルオクの助けが必要だった。
そのため、ワンスンはソルオクの機嫌を取るために、プライドまで捨ててしまう。

 

空港では、ホスンを追跡するが、捕まえられずに終わる。
ホチョルは、ドジャンに殺されかけたのが、妻のソルオクだったことを偶然知ってしまう。

 

ジウォンが、車両盗難届けを出したことを知ったワンスンとソルオク。
車を捨てて自転車、トラックで犯人を追いながらも、言い争いする。

 

そんな中、ソルオクは以前テレビで見たプロファイラーの内容を思い出し、犯人を特定する。

★推理の女王-あらすじ8話

犯人ドゥギルは、専門職の女性だけを狙い、島に誘い込んで全身にビニールを巻いて生き埋めにする。
ワンスンとソルオクは島に着いたが、ワンスンを追っかけてきたジウォンに邪魔をされる。

 

成形で顔を変えたドゥギルだったが、ソルオクは耳の形で見極める。
ソルオクは、自分の携帯を車に置いて降りたので、ワンスンの携帯を持って一人でドゥギルの後を追っていく。

 

ついに、倒れているホスンを見つけ連れて帰ろうとするが、ドゥギルの手によって気絶してしまう。

 

一方、ジウォンのせいで邪魔されていたワンスン。
ソルオクが残した痕跡を辿って、生き埋めされていたソルオクを助け出すことができた。

 

ソルオクは2回も命を助けてくれたワンスンのために、証言することを約束する。

 

★推理の女王-あらすじ9話

ジウォンは、ドジャンについて証言するとソルオクが危険になると警告する。
またドジャンのために、ホチョルもワンスンのいる警察署に来て邪魔をする。

 

結局、ドジャンを釈放することになるのだが…
しかし、ドジャン一味はソルオクの正体を、分ってしまうのだった。

 

一方、ソルオクはドゥギル逮捕のために島に行った事をホチョルには内緒にしたかったが…
ホチョルは、そのことを問い続けるのだった。

 

それから、パンツ泥棒の殺人事件がはじまる…

★推理の女王-7話~9話の感想

ホスンの失踪では、少しテンポが遅くなったけど、ワンスンとソルオクの角突き合いは見物だった!
実際にもあんな犯人がいたら…と思うと怖いけど(-_-;)

 

一人で犯人を追うソルオクを見ながら、ずっと「一人で行っちゃだめ!」と叫びそうになったよ(>_<)笑
やっぱり、ソルオクを助けるワンスンはカッコイイ!!

 

ジュノの家でのワンスンとジュノは、ラブロマンス満開だった(#^^#)
パンツ泥棒殺人事件も気になるけど、意味ありげなワンスンの過去も気になる!

★推理の女王-次回のあらすじ

パンツ窃盗事件捜査に、突入するワンスン。
警察署内でも、憎まれているような部署に配属されてしまい…

推理の女王のあらすじ(10話~12話)はこちら

推理の女王-全話一覧

推理の女王-あらすじ全話一覧はこちら